スポンサーシップ・プログラムの概要

QGISプロジェクトのスポンサーに関心を持つ組織や個人は、QGISの会計担当者、Andreas Neumann(finance@qgis.org)に、質問、スポンサーシップ請求書の請求、または手配を求める必要があります。

QGISは完全にオープンソースのプロジェクトです。 QGISの開発は、ボランティアのグループによって主に行われて、時間の経過とともに、誰もが自由に使用および改善できる、大規模で価値のある有用なコードベースが構築されました。その結果、皆様は私たちがウェブサイトで提供するソースコードとバイナリに無料でアクセスできます。このようにボランティアの手法を利用した結果、開発者にとって興味や重要性が低いものは後回しにされることがあります。さらに、QGISを推進するには、会議や会議への参加と情報資料の作成が必要です。これは、ボランティア開発者にとって非常に負担になる場合があります。

一方、多くの組織では、業務の一部としてQGISを使って利益をあげていますが、直接プロジェクトの成功と長期的な維持に貢献する方法がありませんでした.

私たちは活動を拡張してQGISの品質を向上させたいです。皆様の財政的な寄付はQGISの保守、機能拡張、プロモーションを支援します。スポンサーシップは個別のプロジェクト開発を管理するというより、プロジェクトの長期的な健全さを確保する方法であるといえます。

皆様の寄付でできることは:

  • 開発者会議への資金提供、2009年秋のウィーンから開始しました。ユーザーの寄付は会議の大きな成功に効果的に貢献し、主要開発者の旅行および宿泊費の資金提供を可能にしました
  • 各新しいQGISバージョンの信頼性を向上させるために、プレリリースバグ修正をサポートしています。

QGISの開発の支援方法について

財政的貢献には2種類あります:

  • スポンサーシップ:スポンサーシップは、プロジェクトへの年間資金提供です。
  • 寄付:QGISプロジェクトへの寄付は、一度の財政的貢献です。

スポンサーシップ

スポンサーは、少なくとも500ユーロ/ 700 USドルのお金のためにQGISをスポンサーすることができます。スポンサーシップは1年間続きます。その後、新しい支払いを続けることも失効させることもできます。次のレベル以上のスポンサーは、次のクラスの1つとして指定されます:

ユーロ スポンサーシップのレベル
27,000+ プラチナスポンサー
9,000+ ゴールドスポンサー
3,000+ シルバースポンサー
500+ ブロンズスポンサー

寄付

寄付金は、Paypalまたは当社の銀行口座を介して、いかなる額でもかまいません(情報 寄付 ページ)。少額の寄付でも、重要なプロジェクト目標に達するのに役立ちます。

より大きな寄付を送る場合は、PayPalではなく銀行口座を使用することを強くお勧めします。

QGISへの寄付は、いくつかの国で税金控除が可能です。詳細は税務署にお問い合わせください。

QGIS開発を支援するメリットは何ですか?

QGISプロジェクトのスポンサーになると以下のような利益があります:

  • QGISプロジェクトの持続可能性と健康を確保する。
  • すべてのスポンサーは、寄付クラス(プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ)でスポンサーにリンクされたプロジェクトスポンサーページに掲載されます。
  • プラチナスポンサーは、qgis.osgeo.orgのフロントページの回転バナーにロゴを表示します
  • ゴールドスポンサーはスポンサーのページに大きいロゴ (e.g. 300x200px)を表示できます
  • シルバースポンサーはスポンサーのページに中サイズのロゴ (e.g. 150x100px)とともに記載されます
  • ブロンズスポンサーは、スポンサーのページに小さなロゴ(例:64x64px)で記載されます。
  • スポンサーは、QGISマニュアルの最前面に掲載されます
  • スポンサーは、Webサイトおよびプロモーション資料において、QGISプロジェクトのスポンサーであることを示す特別バージョンのQGISロゴを使用できます
  • QGISアプリケーション自体の内部に広告は配置されません。

寄付者は スポンサーと寄付者 ページに記載されますが、スポンサーのために上記の追加の給付は受けられません。

私たちはどのように財政的支援を利用しますか?

スポンサーの資金はコアコントリビュータがQGISの改良に集中できるようにするためにプロジェクトのコードを改良や、開発者の注目を集めているタスクや周辺プロジェクトのタスク等に利用されます。例えば私たちは以下のプロジェクト活動に資金を費やしたいです:

  • 新しい機能の実装やバグの修正など、QGISの特定の側面で作業するため開発者に資金提供する
  • QGIS開発者会議が年に2回開催され、他の人と会ってブレインストーミングし、バグを修正し、一週間の集中的なQGIS開発作業を行うことができます。 ほとんどのQGIS開発者は、このようなイベントに喜んで時間を寄付しますが、これらのイベントの旅費、宿泊費、生活費をカバーするスポンサーを探しています
  • 他のカンファレンスへの参加.毎年多くのすばらしいカンファレンスが開かれています(http://www.foss4g.org のような)そして私たちはQGISチームのメンバーが 重要なカンファレンスでQGISを代表して参加してユーザーに宣伝をして関心を高め他の開発者がコード寄贈をしたいように勧誘したいです.

スポンサーシップ資金の支出に関する決定は、QGISプロジェクト運営委員会が行います。

注釈

私たちは残念ながら管理上の問題があるので「別途積立金」を受け入れていません。もしQGIS開発の特定の面への投資に関心がある方は、そのプロジェクトに追加の人的資源を割り当てることをお勧めします。例えば開発者を雇用したりバグつぶし隊に参加するとかです。

警告

スポンサーシップオファーの受け入れは、QGIS PSCの裁量に委ねられます。スポンサー組織または当事者が本プロジェクトの精神と相反する場合、スポンサーシップのオファーを拒否する権利を留保します。例えば、GIS /空間サービスとは無関係のマーケティング会社からのオファー、またはスポンサーロゴおよびマーケティング資料が当社サイトや他の材料上に存在するとユーザーの利便性が低下すると信じる理由があるオファーはお断りします。