環境方針

論拠

気候危機、生物多様性の急速な減少、汚染などの環境問題は、地球科学コミュニティのすべての人やそれ以降の人々にとって緊急の問題です。多くのQGISユーザーおよび寄稿者は、地球科学者または地理情報学の専門家です。したがって、私たちは責任を持って行動し、ロールモデルとしての役割を果たす必要があります。私たちが行動すれば、これらの問題についてあまり知らされていない一般市民会員も行動する緊急性を感じ、私たちの惑星に対する人間活動の影響を減らすのに役立つ可能性があります。

方針

QGIS.ORGとQGISコミュニティは、環境に関連する影響がある場合、その行動と活動に関して責任を持って行動することを約束します。これに関わるのは主にサーバーインフラストラクチャと物理的な寄稿者の会議です。

サーバインフラストラクチャー

インフラストラクチャプロバイダは、QGIS.ORGインフラストラクチャを再生可能エネルギーで実行する必要があります。レンタルサーバまたはクラウドリソースのサイズは、予想される負荷に応じて決定する必要があります。大きすぎるインフラストラクチャのリソースは避けましょう。

物理的な貢献者会議

*場所の選択:*​ 貢献者会議の場所を選択するときは、貢献者会議の場所の遠さを考慮に入れる必要があります。参加者の大半が飛行機で移動する必要があるような非常に遠い場所は避けてください。

会議への移動: 可能であれば、参加者はより環境にやさしい輸送手段を選択することが奨励されます。できれば飛行機よりも電車またはバスにしましょう。車での移動を選択するときは、相乗りをお勧めします。 QGIS.ORGには、寄稿者会議の参加者が旅費の払い戻しを要求できるプログラムがあります。環境影響の少ない交通手段で旅行する努力は、旅行助成金の決定に考慮されます。航空券の払い戻し条件:

  • 電車の切符が航空運賃よりも高い場合でも、移動時間が10時間(夜行列車を含む場合は12時間)以下の代替の電車が存在する場合は、払い戻しはありません。
  • 航空旅行のオプションを選択する必要があり、旅行者が旅行費用の払い戻しを請求している場合、旅行者は認定されたカーボンオフセット会社を通じてカーボンオフセットの追加料金を支払う必要があります。 QGIS.ORGもこの追加費用を払い戻します。
  • カーボンオフセットを提供する組織の例:MyClimate、Atmosfair、またはその他の同等の組織。

リモート参加: 直接参加できない参加者の場合、QGIS.orgは、会議の主催者がスケジュールされたディスカッションやビデオ会議を通じてリモート参加できるようにすることを推奨しています。

ケータリング: 地元の主催者は、できる限り環境に優しい方法でケータリングを調達しましょう。大量の輸送が必要な食品よりも地元の食品を優先しましょう。一回切り使い捨てより、再利用可能な食器、カップ、カトラリーが、環境に優しいと一般に考えられているため、お勧めです。会議の出席者には自分の飲用ボトルを持参することが奨励されます。イベント主催者には水道本管からの飲料水、またはそれが適切でない場合は、水容器大量のプラスチック廃棄物を生み出さない水容器を満たすために使用できる「飲用噴水」を使用することを促進することが要求されるべきです。

喫煙と電子タバコ: ニコチンベースの製品の間接摂取は健康に有害であり、近くで行うと非消費者に不快な環境を作り出します。敬意を払い、非喫煙者が集まる出入り口やその他の共有の場所でこれらの製品を使用しないでください。主催者は、指定された喫煙エリアを提供し、喫煙者および電子タバコユーザーが他の場所で喫煙しないように要求してください。