QGIS.ORG協会憲章

(QGIS.ORG協会)

2 定義

  1. QGISプロジェクト - GISソフトウェアQGIS、および、フリーソフトウェア財団の意味でのフリーソフトウェアとして公式QGISリポジトリ内にある他ソフトウェアの開発、保守および普及。
  2. 「協会」、「QGIS.ORG」 - スイス民法の意味での協会で定義されている非営利法人(スイス民法第60-79条)
  3. QGISコミュニティ - ユーザー、コミッター、パッチ提供者、翻訳者、ドキュメント管理者、アドバイス提供者、スタック交換担当者など、すべてのQGISコミュニティへの積極的な参加者。
  4. QGISコミッター - 公式のQGISリポジトリのいずれかでコミットアクセスを許可されている人
  5. QGISプロジェクト運営委員会(PSC) - 理事会に助言するQGISコミュニティの代表者。
  6. QGIS理事会 - QGIS.ORGの法的および財政上の監視を提供することを義務付けられているPSCのサブセット(下記参照)。理事会は、QGIS.ORG協会の法定代理人です。
  7. 議長 - QGISプロジェクトの正式代表者として行動する理事会の中から選出された個人。
  8. QGISユーザーグループ - 正式な全国総会で、理事会によって定義された公式ユーザーグループの基準を満たしています。登録されたグループの公式のリストは、ここで維持されています: http://www.qgis.org/en/site/forusers/usergroups.html
  9. OSGeo - オープンソース地理空間財団(OSGeo)は、オープン・フィロソフィーと参加型コミュニティ主導の開発に取り組む包括的なソフトウェア基盤であるオープンな地理空間技術の世界的な採用を促進することを使命とする非営利団体です。QGISはOSGeoの会員です。
  10. 投票会員 - 理事会が決定した共同体の意思決定に投票することができる者。投票会員(総会)は、年間予算と新しい理事の選出を承認します。
  11. 維持会員 - QGIS.ORGを財政的に支援する非投票会員。
  12. 財務監査人 - QGISコミュニティ全体から指名され、投票会員によって選出されます。会計監査人は毎年会計を承認しなければなりません。

3 QGIS.ORGの目標

  1. QGISプロジェクトを指揮して、GISコミュニティにおける良好な地位を最大限に引き出し、私たちの仕事からの利益を得られるできる限り多くの潜在的なユーザーに到達することを確保すること。
  2. QGISプロジェクト活動の調整、およびQGISプロジェクトの長期的な成長と持続可能性を保証するイニシアチブに利用可能な財源の支出。
  3. オリエンテーションコース、ケーススタディ、GIS関連メディアおよびその他の適切な手段での有益な会議や記事を通じてQGISをマーケティングする。
  4. QGISコミュニティに情報を提供して、プロジェクトの財務状態、QGISプロジェクトに代わって実施されるイニシアチブなどの、計画中または過去の活動について知らせること。
  5. QGISに関する研究や研究の支援。
  6. QGISコミュニティの定期的な会議を促進する。
  7. QGISユーザーグループのコミュニティと、QGISを知ることまたはQGISをサポートすることに関心を持つ第三者との連絡役として行動する。

5 総会

総会の投票会員は方針の決定者であり、一般的な立場に影響を及ぼす主要な決定は、PSCによる投票のために投票会員に提出できます。投票会員は、年次総会で提起されたいかなる動議についても投票します。投票会員はまたPSC会員を指名し選出します。

5.1 投票会員の種類

  1. QGISユーザーグループの投票会員
  2. QGISコミュニティ投票会員
  3. OSGEO代表の投票会員1名
  4. 名誉投票委員

5.2 投票会員の構成、任命、役割

投票する会員は、以下のスキームに従って任命されるものとします:

  • QGISユーザーグループ投票会員:QGIS国レベルユーザーグループごとに1人の投票会員。各ユーザーグループは、投票会員が誰であるかを指名します。
  • QGISコミュニティ投票会員:各ユーザーグループの投票会員について、投票するコミュニティ会員が1名選出されます。
  • OSGeo投票会員:OSGeo理事会が提出したOSGeo財団を代表する1名の投票会員。

5.3 QGISユーザーグループの投票会員の選挙と適格性

  • 国レベルのユーザーグループのみが、指定された投票会員を提出することができます。
  • 認識されるためには、ユーザーグループはPSCの承認を得なければなりません。

ユーザーグループは、QGIS.ORG投票会員資格内で代表者として行動するために、自分のランク内から1人を民主的に指名する必要があります。

5.4 QGISコミュニティ投票会員の選挙と適格性

  • QGISコミュニティ会員は、設立されたQGISコミッターによって推薦され、投票されます。
  • 活動しているQGISコミュニティ会員は皆、QGIS.ORG投票会員として指名される資格があります。
  • 投票会員資格は「相対多数代表制」に基づいて獲得されます。最高の投票を獲得した候補者に最初に投票権が与えられ、すべての投票会員資格が割り当てられるまで、獲得した投票の降順で与えられます。

5.5 名誉会員

名誉会員とは、QGISプロジェクトにおける特別な成果に対して特別な承認を受けた個人です。名誉会員の指名申請は、PSCに指示する必要があります。総会は、新しい名誉会員の受諾について投票するものとする。名誉会員は投票権を有するものとします。

5.6 投票会員規約

投票会員資格は、以下の日まで有効です。

  • 投票会員が辞任
  • 投票会員資格の中から提起された動議があり、投票会員による投票を通過してその会員を除名した
  • 投票会員がPSCに選出された場合、その新しいPSC会員の投票会員資格は棄却され、その新しいPSC会員の場所に新しい投票会員が選出されます。以前に投票会員であった辞任するPSC会員は、元の役割に戻ることを希望する場合は、投票会員に再選される必要があります。

6 維持会員

維持会員は、年会費でQGIS.ORGを財政的に支援する会員です。この会費は、プロジェクトを改善するためのQGIS.ORGインフラストラクチャー、イベントおよびその他のイニシアチブの費用を賄うために使用されます。会費は、QGISコミュニティと私たちが作り出すソフトウェアが持続可能な方法で維持され改善されることを確実にするのを助けます。維持会員には議決権がありません(同時に投票会員である場合、議決権に影響はありません)。

以下のカテゴリが、会員のサイズに基づいて維持会員に提供され、自己宣言を通じ割り当てられます。

  • 小規模(例:小規模な都市または最大10人の従業員の企業)
  • 中規模(例:大学、中規模都市、最大50人の従業員の企業向け)
  • 大規模(例:大都市、地方、または最大100人の従業員の企業)
  • 旗艦(例:従業員が100人を超える企業、連邦政府機関の場合)

会費は、総会によって承認または変更されます。それらはカテゴリーごとの最低料金として定義されていますが、維持会員がそうすることを選択した場合には増額できます。

QGIS.ORGは世界規模のプロジェクトであり、さまざまな企業、NGO、または政府機関ではさまざまな財務見通しがあるため、メンバーシップレベルを強制することはありません。それらの組織は自己評価に基づいて独自のメンバーシップレベルを選択します。

維持会員の承認は理事会の裁量と承認に従うものとし、理事会は必要に応じて会員維持と継続的支持会員の申請を承認または拒否する権利を留保します。

会員資格の維持費と維持会員管理のガイドラインは、QGIS.ORGウェブサイトの管理セクションにあります。

7 理事会

理事会は、QGIS.ORGプロジェクトを代表して法的文書に署名する権限を持つQGIS.ORGプロジェクトの法的表現です。

協会の公式住所は、理事会によって決定されるものとします。このグループは、議長の署名と理事会の追加会員の署名によって法的に代表されます。

財務担当者は、総会で承認された年次予算の範囲内であれば、財務取引を行う権限があります。

7.1 理事の選挙

事は、PSC会員でもあり、総会で指名され、選挙されるものとします。理事の選挙では、各役職(議長、副議長、会計)について投票数が最も多い候補者が任命されます。選挙で可否同数のときは1人の候補者が過半数を得るまで再投票が行われます。理事の任期満了により、QGIS PSC内からの候補者がQGIS投票会員によって提出されるものとします。退任する理事は、理事に就任することをもはや希望しない限り、自動的に指名を受けます。

7.2 理事会の会員の任期

理事は2年間任用されます。

7.3 理事会の構成

理事会は、最低でも以下の役を含むものとします:

  1. 議長
  2. 副議長
  3. 会計

7.4 理事会およびPSC会員の報酬

理事およびPSC会員は、理事会に代わって活動を行う際に発生する自己負担費用の償還以外に、報酬を受け取ることはありません。

7.5 理事の交代

理事会メンバーが理事会を辞任した場合、PSCは、次のAGMが召集されるまでその役職を務める理事会の代わりに、その職位の中から推薦するものとします。

8 プロジェクト運営委員会(PSC)

8.1 PSC会員の選挙

PSC会員の任期が満了した場合、QGIS投票会員の候補者は、QGISコミュニティ会員によって提出されます。退任するPSC会員は、もはやPSCでの奉仕を希望しない限り、自動的に指名を受けなければならない。入会するPSC会員が投票会員の場合、PSCに参加する際の総会で投票会員資格を放棄します。

選挙に先立って、辞任するPSCは入会委員会の総席数を決定します。QGIS投票会員は、選挙までのPSC会員資格の数に等しい数の投票を許可され、優先順位に従って投票を順位付けするよう求められます。投票は、投票されるPSCの地位の数に基づいて重み付けされるものとします。例えば、3つのPSC地位が利用可能である場合、各第1選択投票は3ポイント、第2ポイント投票は2ポイント、などの価値があるものとします。PSC会員資格は投票の合計加重得点で授与され、最高のPSC会員資格を獲得した候補者を最初に、PSC会員資格がすべて割り当てられるまで投票数の降順で授与されます。在任中のPSC会員のリストは https://www.qgis で管理されます。

8.2 PSCの会員規約

PSC会員は2年間任用されます。

8.3 名誉PSC会員

QGISプロジェクトの創始者であるゲーリー・シャーマンは、設立当初からQGIS PSCの名誉会員資格を与えられます。共通の投票により、QGIS.ORGは、個人にPSCの生涯名誉賞を授与することができます。

9 QGIS.ORGの運営

年次総会(AGM)は、仮想フォーラムを介して開催されます。オンラインの場所と日付は、会議の前に理事会によって決定され、伝達されます。理事会は、会議の前にその会議の議題を公表するものとします。過去の総会の議定書は、理事会によって提供され、各総会の少なくとも15日前に投票会員に送付されるものとします。協会の議長が議定書の公表を許可します。

会議はすべてのQGISコミュニティ会員に公開されるものとします。投票会員のみが、いかなる動議にも投票できます。将来のQGIS.ORG活動のためにQGISコミュニティ会員によって行われた重要な提案は、会議の前に議題項目として追加されるよう、書面で理事会に提出されなければなりません。軽微な提案は、AGMとは独立に理事会に提出され処理されなければなりません。

年次総会は以下の事項を取り扱うものとします。

  1. 年次報告書の承認
  2. 年次財務報告の承認
  3. 年間予算の承認
  4. 理事会議長の選挙
  5. 辞任する理事とPSC会員の交代のための指名と選挙
  6. 次年度の会計監査人の確認または選任
  7. 理事、PSC会員または投票会員による提案の決議/投票
  8. 法令の改正
  9. 発生するあらゆる問題に対処する

他のすべての決定および能力は、QGIS理事会の責任です。

臨時会議は、理事会によって、または投票会員の少なくとも2/5の要請によって開催できます。

すべての正式に招集された総会には定足数があります。選挙と投票では、第7.1節、第8.1節、第5.4節に列挙された事例を除いて、現会員の単純多数(50%超)により決定します。

報告年度と会計年度は、1月1日から始まり12月31日に終わります。

QGIS.ORG協会の対応は、当局から別途要求されない限り、英語で行われます。

この協会は、投票会員の3/4以上が動議を肯定することによってのみ、一般的動議によって解散できます。協会の清算の場合、総会は単純な多数(有権者の50%以上)で団体の資産の使用について投票できます。

10 資金調達

QGIS.ORGの財政収入は、寄付、会費、助成金、およびその他の様々な情報源から生じるものとします。

総会では、毎年2名の監査役を選任するものとします。

責任限定:QGIS協会は、協会の現在の資産の金額までしか責任を負うことができません。理事または他の個々の会員の個人的責任は免除されます。

この憲章は、2019年3月17日のLoomioでの投票により総会で承認されました。