ロードマップ

QGISのリリースと開発は時系列式のスケジュールに従って行われます。

  • 偶数のバージョン番号 (2.18、 3.2 等々) は、リリースバージョンです。
  • 奇数のバージョン番号(2.99, 3.1等々)は開発バージョンです。

A new release will happen every four months. In the first three months, new development is taking place. In the last month before a release, a feature freeze is invoked and the final month is used for testing, bugfixing, translation and release preparations. When the release happens, a branch with an even release number is created and the master branch advances to the next odd version. After the release a call for packaging is issued.

3回目のリリース(2.8から開始)は、次回の長期リリース(LTR)が公開されるまでサポートされます。

開発段階

In the development phase, developers work on adding new features for the next release. Early adopters can use the nightly builds we have for all major platforms to see the development progress, do preliminary testing and provide bug reports and their thoughts to help with development.

機能凍結

In the feature freeze phase, new features are not allowed in anymore and the focus of everyone moves from enhancing QGIS to stabilizing it. This also turns the nightly builds effectively into prereleases.

ユーザー は問題がないことを確認するために自分の環境でこれらのプレリリースの広範なテストを開始する必要があり、彼らは今後のリリースで見たいと思っていないでしょう。すべてのそのような問題が報告されなければならない( バグ、機能と課題 参照)。気付かれないすべては、また次のリリースになってしまいます。深刻な問題が発生した場合だけは、最新のリリースへのバックポートが発生します。したがって、プレリリースのテストおよび問題の報告は非常に重要です。

In the feature freeze, developers monitor the bugtracker and start working on fixing the reported issues and update the visual changelog with the features they added.

With the start of the feature freeze, the translation files will be updated so that translators can start their work. Note that this might be an incremental process as although the features are frozen, bug fixes might still introduce translation string changes.

Two weeks before the release, a hard freeze is initiated after which only fixes to severe problems and regressions introduced after the feature freeze are allowed in.

リリースマネージャはこれを機能凍結時に発表します。

リリース

On major and minor release dates, the release branch is created and the release is tagged and tar balls are prepared. Point releases are just tagged and tar balls are created.

パッケージ作成者はパッケージ作成を開始できることを通知されます。

いくつかのパッケージが利用可能になると、リリースが発表され、それに応じてWebサイトが更新されます。

リリースのスケジュール

スケジュールは4ヶ月ごとのリリースおよび毎年2月下旬のLTRのリリースが毎年ほぼ同じ時期になるよう設定されています。

2.12以降に開始する開発フェーズは、常に12週間で、凍結フェーズは最短で5週間です。残りは、LTRリリースの凍結フェーズの延長にあてられます。

バックポートがある場合、最新のリリースブランチとLTRブランチのポイントリリースが実施されます。

In the first four months after its release, a new LTR is also the current LR. In this phase, the new LTR doesn’t replace the previous LTR in the LTR repositories. This happens as soon as a new LR is released.

This schedule is also available as 「iCalendar」.

スケジュール:

イベント 最新 Long-Termリポ 凍結 日付 Week #
LTR/PR 3.4.0 2.18.25   2018-10-26 43 4
EPR 3.4.1     2018年11月02日 44 4
PR 3.4.2 2.18.26   2018-11-23 47 4
PR 3.4.3 2.18.27   2018-12-21 51 4
PR/FF 3.4.4 2.18.28 3.5 2019-01-18 3 5
LR/PR 3.6.0 3.4.5   2019-02-22 8 4
PR 3.6.1 3.4.6   2019-03-22 12 4
PR 3.6.2 3.4.7   2019-04-19 16 4
PR/FF 3.6.3 3.4.8 3.7 2019-05-17 20 5
LR/PR 3.8.0 3.4.9   2019-06-21 25 4
PR 3.8.1 3.4.10   2019-07-19 29 4
PR 3.8.2 3.4.11   2019-08-16 33 3
FF     3.9 2019-09-06 36 1
PR 3.8.3 3.4.12   2019-09-13 37 4
HF       2019-10-11 41 2
LTR/PR 3.10.0 3.4.13   2019-10-25 43 6
PR 3.10.1 3.4.14   2019-12-06 49 6
PR/FF 3.10.2 3.4.15 3.11 2020-01-17 3 5
LR/PR 3.12.0 3.10.3   2020-02-21 8 4
PR 3.12.1 3.10.4   2020-03-20 12 4
PR 3.12.2 3.10.5   2020-04-17 16 4
PR/FF 3.12.3 3.10.6 3.13 2020-05-15 20 5
LR/PR 3.14.0 3.10.7   2020-06-19 25 4
PR 3.14.1 3.10.8   2020-07-19 29 4
PR 3.14.15 3.10.9   2020-08-14 33 4
PR/FF 3.14.16 3.10.10 3.15 2020-09-11 37 6
LTR/PR 3.16.0 3.10.11   2020-10-23 43 4
PR 3.16.1 3.10.12   2020-11-20 47 4
PR 3.16.2 3.10.13   2020-12-18 51 4
PR/FF 3.16.3 3.10.14 3.17 2021-01-15 3 5
LR/PR 3.18.0 3.16.4   2021-02-19 8 4

イベント凡例:

イベント 説明
LTR 長期リリース、新規開発フェーズの開始
LR 定期リリース、新規開発フェーズの開始
FF 機能凍結、開発フェーズの終了
HF 強い凍結
SF 2カ月間の投票でソフト凍結
PR 最新版のリリースとLTRブランチのポイントリリース
EPR 追加のポイントリリース

プレリリースの場所/ナイトリービルド

プラットフォーム ロケーション
Windows OSGeo4W
Linux Debian/Ubuntu
MacOS Mac OS