ロードマップ

Releases and development of QGIS follow a timebased schedule.

  • Even version numbers (2.18, 3.2 etc) are release versions.
  • Odd version numbers (2.99, 3.1 etc) are development versions.

A new release will happen every four months. In the first three months, new development is taking place. In the last month before a release, a feature freeze is invoked and the final month is used for testing, bugfixing, translation and release preparations. When the release happens, a branch with a even release number is created and the master branch advances to the next odd version. After the release a call for packaging is issued.

各々3回目のリリース(2.8から開始)は、次回の長期リリースが発生するまで維持される長期リリース(LTR)です。

注釈

During the development of QGIS 3.0 and 3.2, an exception to this schedule has been put into place. See the roadmap below for adjusted information.

開発段階

開発段階では、開発者は、次のリリースのための新機能を追加することに取り組んでいます。アーリーアダプターは、すべての主要なプラットフォームは、開発の進捗状況を確認するために予備試験を行い、夜間には、私たちが持っているビルドを使用し、開発を支援するためのバグレポートや自分の考えを提供することができます。

機能凍結

機能凍結段階では、新機能は、もはやで許可されず、誰の焦点は、それをstablizingにQGISを強化から移動します。これはまた、毎晩のビルドを効果的に プレリリース に変えます。

ユーザー は問題がないことを確認するために自分の環境でこれらのプレリリースの広範なテストを開始する必要があり、彼らは今後のリリースで見たいと思っていないでしょう。すべてのそのような問題が報告されなければならない( :ref:`バグ、機能と課題<QGIS-bugreporting> ` 参照)。気付かれないすべては、また次のリリースになってしまいます。唯一の深刻な問題が発生した場合には最新のリリースにバックポートが発生します。したがって、プレリリースおよびレポートの問題のテストは非常に重要です。

機能凍結で 開発者 はハブを監視し、報告された問題の修正に作業を開始します。

機能凍結の開始で 翻訳者 が自分の仕事を始めることができるように、翻訳ファイルが更新されます。これは、機能は凍結されているが、バグ修正はまだ翻訳文字列変化を導入する可能性があるので、増分プロセスであるかもしれないことに注意してください。

リリースのスケジュール

スケジュールは2月下旬のLTRと私たち4つの毎月のリリースを与えられた各年のほぼ同じ日付を生成するために整列されます。

2.12以降に開始する開発フェーズは、常に12週間で、凍結フェーズは、少なくとも5週間です。残りは、LTRのリリースの凍結フェーズを拡張するために使用されています。

バックポートがある場合はポイントリリースは、最新のリリースブランチとLTRの枝の上に毎月発生します。

In the first four month after it’s release a new LTR is also the current LR. In this phase the new LTR doesn’t replace the previous LTR in the LTR repositories. This happens as soon as a new LR is released.

2.18のリリースでは、LTRとして2.14のリリースを置き換えますが、3.0がリリースされる前に、LTRのパッケージリポジトリに2.14を置き換えることはありません。

スケジュール:

イベント Latest Long-Term Repo Freeze 日付 Week #
PR 2.18.4 2.14.12   2017-02-24 9 4
PR 2.18.5 2.14.13   2017-03-24 13 2
EPR 2.18.6     2017-04-07 15 2
PR 2.18.7 2.14.14   2017-04-21 17 4
LTR 2.18.8 2.14.15   2017-05-19 21 1
EPR 2.18.9     2017-05-26 22 4
PR 2.18.10 2.14.16   2017-06-23 26 4
PR 2.18.11 2.14.17   2017-07-21 30 4
PR 2.18.12 2.14.18   2017-08-18 34 4
PR 2.18.13 2.14.19   2017-09-15 38 6
PR/SF 2.18.14 2.14.20 2.99 2017-10-27 44 6
PR 2.18.15 2.14.21   2017-12-08 50 6
PR 2.18.16 2.14.22   2018-01-19 3 5
LR/PR 3.0.0 2.18.17   2018-02-23 8 4
PR 3.0.1 2.18.18   2018-03-23 12 4
PR 3.0.2 2.18.19   2018-04-20 16 4
PR/FF 3.0.3 2.18.20 3.1 2018-05-18 20 5
LR 3.2.0 2.18.21   2018-06-22 25 4
PR 3.2.1 2.18.22   2018-07-20 29 4
PR 3.2.2 2.18.23   2018-08-17 33 4
PR/FF 3.2.3 2.18.24 3.3 2018-09-14 37 6
LTR 3.4.0 2.18.25   2018-10-26 43 4
PR 3.4.1 2.18.26   2018-11-23 47 4
PR 3.4.2 2.18.27   2018-12-21 51 4
PR/FF 3.4.3 2.18.28 3.5 2019-01-18 3 5
LR 3.6.0 3.4.4   2019-02-22 8 4
PR 3.6.1 3.4.5   2019-03-22 12 4
PR 3.6.2 3.4.6   2019-04-19 16 4
PR 3.6.3 3.4.7 3.7 2019-05-17 20 6
LR 3.8.0 3.4.8   2019-06-28 26  

Event legend:

イベント 説明
LTR 長期リリースには、新開発フェーズの開始します
LR 定期的なリリースでは、新開発フェーズの開始します
FF フィーチャーフリーズ、開発フェーズの終了
SF Soft freeze with bi-monthly vote
PR 最新のリリースとLTR枝のポイントリリース
EPR Extra Point release

プレリリースの場所/ナイトリービルド

プラットフォーム ロケーション
Windows Weekly release candidate (standalone installer)
OSGeo4W
Linux Debian/Ubuntu
MacOS Mac OS