OGC適合性試験

オープン地理空間コンソーシアム(OGC)は、サーバーが特定の仕様に準拠していることを確認するために無償で実行できるテストを提供します。本章では、セットアップにUbuntuシステム上のWMSテストを簡単なチュートリアルを提供します。詳細な文書は OGCのWebサイト <http://www.opengeospatial.org/compliance>_ で見つけることができます。

WMS 1.3 および WMS 1.1.1 適合性テストのセットアップ

sudo apt-get install openjdk-8-jdk maven
cd ~/src
git clone https://github.com/opengeospatial/teamengine.git
cd teamengine
mvn install
mkdir ~/TE_BASE
export TE_BASE=~/TE_BASE
unzip -o ./teamengine-console/target/teamengine-console-4.11-SNAPSHOT-base.zip -d $TE_BASE
mkdir ~/te-install
unzip -o ./teamengine-console/target/teamengine-console-4.11-SNAPSHOT-bin.zip -d ~/te-install

WMS 1.3.0テストをダウンロードしインストールする

cd ~/src
git clone https://github.com/opengeospatial/ets-wms13.git
cd ets-wms13
mvn install

WMS 1.1.1 テストをダウンロードしインストールする

cd ~/src
git clone https://github.com/opengeospatial/ets-wms11.git
cd ets-wms11
mvn install

テストプロジェクト

WMSのテストでは、データをダウンロードすることができ、QGISプロジェクトにロードされました:

wget http://cite.opengeospatial.org/teamengine/about/wms/1.3.0/site/data-wms-1.3.0.zip
unzip data-wms-1.3.0.zip

そして、 QGISプロジェクトhttp://cite.opengeospatial.org/teamengine/about/wms/1.3.0/site/ の記載に従って作成します。テストを実行するためには、後にサービスの GetCapabilities URL を提供する必要があります。

WMS 1.3.0 テストを実行する

export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/bin:$PATH
export TE_BASE=$HOME/TE_BASE
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64
cd ~/te-install
./bin/unix/test.sh -source=$HOME/src/ets-wms13/src/main/scripts/ctl/main.xml

WMS 1.1.1 テストを実行する

export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/bin:$PATH
export TE_BASE=$HOME/TE_BASE
export ETS_SRC=$HOME/ets-resources
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64
cd ~/te-install
./bin/unix/test.sh -source=$HOME/src/ets-wms11/src/main/scripts/ctl/wms.xml