QGIS 2.8のための変更履歴

これは、QGISの次のリリースであるバージョン2.8「Wien」の変更ログです。「Wien」はウィーンのドイツ語です - 開発者のホスト都市で2009年11月に、そして再び2014年3月に会議します。

長期サポート

これは「LTR」(Long Term Release)と呼ばれる特別なリリースです。LTRのリリースはバックポートされたバグ修正で1年間サポートされ、恒久的な機能のフリーズになります(つまり、新しい機能は追加されず、バグ修正と簡単なアップデートのみ)。

LTRリリースの目的は、1年に1回以上、ユーザースキルの更新、教材のトレーニングなどに対処したくない企業や組織に対して、安定した頻繁に変化するプラットフォームを提供することです。LTRの成功は、あなたのご愛顧いただいているユーザーにとって非常に重要です。バグ修正に資金を援助し、サポートプロバイダーとのサポート契約であなたのために行われたバグ修正がLTR支店私たちの通常の開発ブランチだけでなく、

LTRが重要な場合は、QGISプロジェクトを直接サポートすることも検討してください。また、LTRをエンタープライズソリューションの基盤として使用することを商用プロバイダに推奨し、安定したプラットフォームを継続的に改善し、洗練されたメリットを享受してください。フロンティアに住むことを望むユーザーや組織にとって、定期的な4つの月間リリースは引き続き控えています。

新機能

QGIS 2.8は、最も人気のあるフリーデスクトップGISをよりいっそう多くの機能が充実して役立つようにするために、非常に多くの新機能、改良、改良が含まれているため、特別リリースです。

新しい機能がソフトウェアに追加されるたびに、新しいバグが発生する可能性があります。このリリースで何か問題が発生した場合は、QGISバグトラッカー<http://hub.qgis.org> `にチケットを提出してください。

謝辞

私たちは、開発者、ドキュメント作成者、テスター、そして時間と労力をボランティアしている(あるいは人々に資金を提供する)多くの人々に感謝したいと思います。

QGISコミュニティから、このリリースをお楽しみください!あなたが時間やお金を寄付したり、QGISをより素晴らしいものにするために関わったりしたいのであれば、qgis.org <http://qgis.org> _を見て回って手を貸してください!

最後に、このプロジェクトに提供した貴重な財政支援について、公式スポンサーに感謝したい。

プロジェクトに多額の資金拠出を行ったドナーの現在のリストは、寄付者リスト<http://qgis.org/ja/site/about/sponsorship.html#list-of-donors>に見ることができます。 _。公式プロジェクトスポンサーになりたい場合は、詳細については、「スポンサーシップページ<http://qgis.org/en/site/about/sponsorship.html#sponsorship>」をご覧ください。QGISのスポンサーは、6ヶ月間の開発者ミーティングに資金を提供し、プロジェクトインフラストラクチャを維持し、バグ修正の取り組みに資金を提供するのに役立ちます。

If you enjoy using QGIS, please consider making a donation to support the project - either financial or of your time and skills! Lastly we would like to also take a moment to encourage you to fund a special campaign by one of our QGIS developers to get a working test suite for QGIS so that we can improve out quality assurance process and deliver you the best possible releases.

QGISはフリーソフトウェアであり、使用するために何かを支払う義務はありません。実際、財務的または社会的地位にかかわらず、広範囲にわたる人々にそれを使用するよう奨励したいと考えています。すべての人類にとってより良い社会をもたらします。

一般情報

Feature: Enter expressions into spin boxes

**属性テーブル**の属性を編集するときに、式をスピンボックスに直接入力することができます。たとえば、 `` 5 * 2.5``などが自動的に評価されます。

機能:ブックマークのインポート/エクスポートが可能

ブックマークをファイルに保存/読み込むことが可能になりました。これにより、ブックマークされた場所を簡単に共有したり、コンピュータ間で簡単に移動することができます。

この機能は、によって開発されました: Salvatore Larosa

機能:式の改良

  • 整数部は必要なときに倍精度を生成します:以前は2つの整数を式で分割すると整数値、つまり `` 5/2 = 2``が得られます。これで結果は常に必要なときに倍になるので、ユーザーにとってより期待される `` 5/2 = 2.5``です。新たな整数除算演算子 - `` // ``は以前の動作、すなわち `` 5 // 2 = 2``を模倣するために追加されました。
  • New 『if()』 function: There is now a new if(cond, true, false) expression
  • 表現の遅延評価
  • ** getおよびtransformジオメトリを追加**:これらの新しいキーワードは、交差、十字、包含などのいくつかのジオメトリテストで `` getFeature``と一緒に使用できます。
  • `` geometry`` - フィーチャのジオメトリを返します
  • `` transform`` - 変換されたジオメトリを返します。

機能:継続的なテストフレームワークとQAの改善

QGISの安定性と品質を向上させるための継続的な取り組みの中で、すべてのコミットは、現在、テストスイートの増加に対してテストされ、回帰を自動的に識別します。右側の画像では、私たちのテストスイートが `Travis.ci <https:// travis-ci 『上でうまく動作したかどうかに基づいて、GitHubページ上の着信プルリクエストのリストにチェックまたはクロスが自動的に付けられるようになりました。 org / qgis / QGIS> `_を使用してください。

また、QGISコードベースのCoverityスキャンも定期的に行っています。その結果、メモリリークや潜在的なクラッシュなど、1000を超えるフラグ付きの問題を特定して修正しました。QGISの欠陥密度は0.01であり、同様のサイズのプログラムの平均は約1.0である。

解析ツール

Feature: Measure dialog improvements

測定ツールが改良され、測定ダイアログで使用する単位を選択できるようになりました。ダイアログには、測定計算中にどの設定が使用されているかを示す新しい情報セクションもあります。

ブラウザ

More responsive browser

QGISブラウザでは、アイテムが独自のスレッドで展開されるため、ブラウザの読み込み時間が短縮され、ブラウザのレスポンスが向上しました。PostGISソースのナビゲートは、ブラウザで非常に高速になりました。右のアニメーションスナップショット(画像をクリックしてアニメーションを見る)は、2つの低速WMSサーバーの読み込みを並行して示しています。起動時にブラウザの状態(ツリー拡張)が復元されます。

This feature was developed by: Radim Blazek

データプロバイダ

特徴:コンテキストによるWMS凡例グラフィックのサポート

WMSサーバが文脈的な凡例をサポートしている場合は、QGISでもそれらを使用することができます。コンテキスト凡例は、現在のビュー範囲の関連凡例のみを返すgetLegendGraphicリクエストです。したがって、現在のマップには表示されない凡例項目は含まれません。

この機能は以下によって資金提供されました: Regione Toscana <http://www.regione.toscana.it/> _

This feature was developed by: Faunalia

データマネジメント

機能:結合のカスタム接頭辞

レイヤプロパティダイアログの結合マネージャでカスタムプレフィックスを定義できるようになりました。 接頭辞を使用する場合、属性表inには、優先接頭辞と結合された属性名が表示されます。

機能:一時的なメモリレイヤの作成をサポート

このリリースでは、QGISコア内に新しい一時的なスクラッチレイヤーを作成するためのサポートが追加されています。スクラッチレイヤーは、「レイヤー - >レイヤーの作成 - >新しい一時的なスクラッチレイヤー」メニューオプションで作成することができます。

特徴:選択した行の計算をサポート

アトリビュートテーブルでは、フィールドの電卓バーに追加された新しいボタンのおかげで、選択した行の計算を行うことができます。

デジタイジング

Feature: Advanced digitizing tools

QGISでラインを正確に平行または直角にデジタル化したり、ラインを特定の角度にロックしたりしたいと思ったことがありましたら、今すぐ可能です。高度なデジタイジングツールはCADinputプラグインのポートであり、新しいパネルをQGISに追加します。新しいジオメトリまたはジオメトリパーツをキャプチャするときにパネルがアクティブになります

機能:改良されたツールの簡略化

シンプル化ツールは次のように改良されました。

  • OTF reprojection support
  • ユーザーは正確な許容値を指定することができます(非センスの相対値だけでなく)
  • tolerance can be specified either in map units or layer units or pixels
  • tolerance settings are stored in settings
  • 一度に複数のフィーチャを単純化する(クリックするだけではなく四角形をドラッグする)
  • マルチパート機能のサポート
  • statistics about reduction of the number of vertices

この機能は、以下によって資金提供されました: アフリカのためのトラック<http://tracks4africa.com/> _

This feature was developed by: Lutra Consulting in cooperation with Kartoza

Feature: Snapping improvements

新しいスナップモードがあります。**すべてのレイヤーにスナップ**すると、すばやくすべてのレイヤー間のスナップが可能になります。また、QGISの根底にあるスナップアーキテクチャは、大規模なプロジェクトではるかに高速にスナップを作成し、スナップが行われる精度を向上させるように改造されました。ユニットやレイヤーユニットをマップするためのスナップ許容誤差も混乱することはないため、予想される1メートルの公差は、あなたが知らないうちに1度の公差にはならない。

この機能は、 Ville de Vevey、SITNyon <http://www.vevey.ch/>`および `QGIS Usergroup Switzerland <http://www.qgis.ch/> _によって資金提供されました。

この機能は、以下によって開発されました: Lutra Consulting <http://www.lutraconsulting.co.uk/> _

レイヤ凡例

Feature: Show rule-based renderer’s legend as a tree

QGISのルールベースのレンダラーシステムを活用している上級ユーザーは、ルールが凡例にツリーとして表示されることを喜ばしく思います。** tree の各ノードは、サブレイヤがマップにレンダリングされる際の柔軟性を高めるために、個別にオン/オフを切り替えることができます

This feature was funded by: SIGE

This feature was developed by: Lutra Consulting in cooperation with Kartoza

マップコンポーザ

Feature: Composer GUI Improvements

  • 表示メニューオプション**境界ボックスを隠す**。これにより、ユーザーはコンポジション内の選択された項目の境界ボックスを非表示にすることができます。これは、アイテムとのやり取りを可能にし、コンポジションがエクスポートされたときの外観を正確にプレビューしながら、大きなボックスがビューをブロックしないようにするための便利な機能です。
  • コンポーザーのフルスクリーンモード
  • コンポーザーでパネル**の表示を切り替えるオプション**は、ショートカット `` F10``を使用する `` view menu``とコンポーザーキャンバスが選択されたとき `` Tab``を使うことで利用できます。地図レイアウトを計画するときにスペースを最大限に活用するのに便利です。

Feature: Grid improvements

作曲家では、フレームと注釈の表示をより細かく制御できます。以前は、回転されたマップまたは再投影されたグリッドの場合、コンポーザーはすべてのマップ側のすべての座標を描画していました。その結果、緯度/経度と経度/ x座標が混在していました。これで、すべての座標、緯度のみ、または各マップフレーム側の経度のみを制御することができます。同様のオプションが、マップグリッドフレームの分割方法を制御するために追加されました。

アノテーションの新しい垂直降順方向。この変更により、マップグリッド注釈の新しい降下垂直方向モードが追加されます。これまで、垂直注釈では昇順のテキストのみがサポートされていました。

特徴:アイテムの余白にラベルを付ける

  • ラベル**アイテムの水平と垂直の両方の余白を制御できるようになりました。これまでは、水平マージンと垂直マージンの両方に単一のマージン設定しか適用されませんでした。この変更により、ユーザーは異なる水平および垂直マージンを指定できます。
  • ラベル項目の負のマージンを指定できるようになりました。ラベル項目の範囲外でテキストをわずかに描画することができます。これは、ラベルタイプに対して光学マージンの調整を可能にしながら、ラベルアイテムを他のアイテムと位置合わせするために望ましい。

プラグイン

機能:Pythonコンソールの改善

PythonスクリプトをQGISウィンドウにドラッグアンドドロップすると、自動的に実行されます。また、プラグインツールバーにツールバーアイコンを追加し、Pythonコンソールに素早くアクセスするためのショートカット( `` Ctrl-Alt-P``)も追加しました。

プロセッシング

Feature: New geometric predicate parameter type

**この新しいパラメータタイプを使用すると、場所で選択、場所で抽出**および**場所によって属性を結合する**アルゴリズムで、使用する空間演算子を正確に選択できます。

This feature was funded by: French Ministry of Ecology, Sustainable Development and Energy

This feature was developed by: Camptocamp

特徴:新しいアルゴリズム

処理フレームワークには、いくつかの新しいアルゴリズムが追加されています。

  • **レギュラーポイント**アルゴリズム(アドレス#5953)
  • **相違点**アルゴリズム(アドレス#5953)
  • **ベクトルスプリット**アルゴリズム(アドレス#5953)
  • Vector grid algorithm (addresses #5953)
  • **ハイプロメトリック曲線**計算アルゴリズム
  • ラインを分割する
  • Refactor fields attributes manipulation algorithm

プログラマビリティ

機能:式にコメント機能を追加する

接頭辞はSQLスタイルの `` - ``を使って式に追加できるようになりました。

Feature: Custom expression function editor

式ウィジェットでカスタム式関数を定義できるようになりました。詳細は、このブログ記事<http://nathanw.net/2015/01/19/function-editor-for-qgis-expressions/> `を参照してください。

Feature: Qt5 support

QGISはQt5ライブラリを使用して構築できます。現在、ほとんどのバイナリはデフォルトでQt4を使用しています。

Feature: Bulk loading spatial index

APIでは、空間インデックスの一括読み込みのサポートが追加されました。これは空間インデックスを初期化するよりはるかに高速です。Pythonからは次のように簡単です:

index = QgsSpatialIndex( layer.getFeatures() )

メモリ層に50Kポイントの簡単なテストから:

bulk loading ~ 100 ms

フィーチャーの挿入〜600 ms

索引ツリーは、理論的にもより良く構築されなければならず、より高速なルックアップをもたらす可能性がある。

Feature: Run only the selected part of a SQL query

In the DB Manager SQL editor, it is now possible to highlight a portion of the SQL and only that portion will be executed when you press F5 or click the run button

QGISサーバ

Feature: Server python plugins

PythonプラグインによるQGISサーバーのサポートにより、Pythonのパワーがサーバー側にもたらされ、新しい機能の迅速かつ効率的な開発と展開が可能になります。

This feature was developed by: Alessandro Pasotti (ItOpen)

Feature: Support for layer styles

  • QGIS Serverは、GetMapリクエストで定義済みのレイヤースタイルをサポートするようになりました。
  • QGIS ServerはGetStylesリクエストで複数のスタイルをサポートするようになりました(下記のシンボルセクションを参照)

機能:WMSにDescribeLayerメソッドを追加する

** WebマップサービスのStyled Layer Descriptorプロファイル:DescribeLayer **

http://www.opengeospatial.org/standards/sld

ユーザ定義のスタイルを定義するには、シンボル化されているフィーチャ、または少なくともそのフィーチャ/カバレッジタイプに関する情報が必要です。ユーザ定義のスタイルは名前付きレイヤに適用できるため、クライアントが名前付きレイヤのフィーチャ/カバレッジタイプの情報を取得するためのメカニズムが必要です。これは、レイヤーとスタイルのWMSコンセプトと、フィーチャタイプやカバレッジレイヤーなどのWFS / WCSコンセプトのギャップを埋める別の例です。これを可能にするために、WMSは任意に** DescribeLayer **要求をサポートすることができる。

DescribeLayerメソッドは、WMS機能ドキュメントのオーバーロードよりも優れたアプローチと考えられています。`

それぞれの名前付きレイヤーについては、実際に機能データに基づいているかどうかを示す記述がなければならず、そうであればWFS / WCS(URLプレフィックス)と機能/カバレッジタイプを示す必要があります。この方法で名前付きレイヤーを記述できないことは完全に有効であることに注意してください。

シンボロジー

機能:ラスター画像の塗りつぶしタイプ

この新しいシンボルレイヤータイプでは、ポリゴンを(タイル付きの)ラスター画像で塗りつぶすことができます。

オプションには、ファイル名、不透明度、画像サイズ(ピクセル単位、mm単位またはマップ単位)、座標モード(フィーチャまたはビュー)、回転など(データ定義済み)が含まれます。

Feature:ライブヒートマップレンダラー

新しいヒートマップベクターレイヤーレンダラーでは、ポイントレイヤのライブの動的ヒートマップが可能です。

オプションには、ヒートマップ半径(ピクセル単位)、mm単位またはマップ単位の指定、カラーランプの選択、フィールドごとの重み付けポイント、レンダリング速度と品質のトレードオフを選択するスライダが含まれます。

特徴:レイヤーごとに複数のスタイル

レイヤーに複数のスタイルを設定し、レイヤー間を簡単に切り替えることができるようになりました。この機能はスタイルを追加/削除して素早く切り替えることができる `` legend context menu - > stylesサブメニュー ``で利用できます。レイヤーセットはスタイルを記憶し、異なるスタイルは個々のコンポーザーマップアイテムにも適用できます。定義された複数のスタイルは、プロジェクトがQGISサーバー経由でWMSレイヤとして提供されている場合にも使用できます。詳細については、この blog post <http://www.lutraconsulting.co.uk/blog/2015/02/19/towering-qgis-release/> _も参照してください。

この機能は以下によって資金提供されました: Regione Toscana <http://www.regione.toscana.it/> _

この機能は、 Gis3W <http://www.gis3w.it/> _、 `Lutra Consulting <http://www.lutraconsulting.co.uk/>`によって開発されました。

特徴:より多くのデータ定義シンボル設定

データ定義のシンボル設定のユーザインタフェースが改善されました。データ定義可能な各プロパティの横にデータ定義オプションを移動します(ラベルプロパティなどのQGISの他の部分に合わせて)。また、多くの新しい特性が記号のために定義可能なデータにされている。このユーザーインターフェイスの改善により、データ定義のオーバーライドが定義されているかどうか、およびデータ定義の設定へのアクセスが容易かどうかをすぐに確認することもできます。

Feature: DXF export: improve marker symbol export

DXFファイルのエクスポータ機能が改善され、元のQGISシンボルにエクスポートされたマーカシンボルの忠実度が向上しました。

Feature: Map rotation in canvas, improved rotation in composer

このリリースでは、マップキャンバスでの回転の予備的なサポートが含まれています。ステータスバーの新しい回転ウィジェットを使用してキャンバスを回転させることができます。ローテーションのサポートが地図作成者にも拡張され、ラベルや記号などを正しく処理できるようになりました。

この機能の資金提供は、 JSI(Japan Space Imaging Corporation)<http://www.spaceimaging.co.jp/> _

This feature was developed by: Faunalia

ユーザーインターフェース

Feature: Improved/consistent projection selection

すべてのダイアログで一貫した投影選択ウィジェットが使用され、最近使用されたプロジェクト/標準プロジェクト/ QGIS投影から素早く選択できます。

.