QGIS 2.18の変更履歴

image1

これは2.xシリーズの最後のリリースです。現在のロングタームリリース(LTR)はバージョン2.14.xのままです。このリリースでは、以前のリリースよりも漸進的な改良が施されています。活動の大部分は、現在、2017年の第1四半期末に予定されている次世代リリースであるQGIS 3.0の開発に焦点を当てています。

感謝

私たちは、開発者、ドキュメント作成者、テスター、そして時間と労力をボランティアしている(あるいは人々に資金を提供する)多くの人々に感謝したいと思います。QGISコミュニティから、このリリースをお楽しみください!あなたが時間やお金を寄付したり、QGISをより素晴らしいものにすることに関与したいなら qgis.org のサイトに行って手を貸してください!

QGISは、寄付者やスポンサーの支援を受けています。プロジェクトに多額の資金拠出を行った寄付者の現在のリストは、 寄付者リスト に見ることができます。公式プロジェクトスポンサーになるには、 スポンサーシップページ をご覧ください。QGISのスポンサーは、6ヶ月間の開発者ミーティングに資金を提供し、プロジェクトインフラストラクチャを維持し、バグ修正の取り組みに資金を提供するのに役立ちます。現在のスポンサーの完全なリストが以下に提供されています。スポンサー全員に非常に感謝しています!

QGISはフリーソフトウェアであり、使用するために何かを支払う義務はありません。実際、財務的または社会的地位にかかわらず、遠くから広く人々にそれを使用するよう奨励したいと考えています。すべての人類にとってより良い社会をもたらします。

QGISバージョン2.18.0のスポンサー

毎年、私たちは、私たちがやっていることに感謝し、プロジェクトに取り込まれる持続的な開発努力を促進したい様々な組織からの支持を受けている。これらのスポンサーは、以下に私たちのおかげです。

ゴールドスポンサー(9000ユーロ)
gold qgis-ch QGIS Usergroup Switzerland, Switzerland
シルバースポンサー(3000ユーロ)
silver Land Vorarlberg State of Vorarlberg 、オーストリア
silver Office of Public Works, Flood Risk Management and Data Management Section Office of Public Works, Ireland 、アイルランド
silver GAIA mbH GAIA mbh 、ドイツ
silver sourcepole Sourcepole AG 、スイス
silver QGISusergroupGermany ドイツQGIS ユーザーグループ 、ドイツ
ブロンズスポンサー(500ユーロ)

bronze 2D3D.GIS

2D3D.GIS

bronze Lutra Consulting

Lutra Consulting

bronze Ager Technology

Ager Technology

bronze MappingGIS

MappingGIS

bronze Asociación Geoinnova

Asociación Geoinnova

bronze Molitec

Molitec

bronze BGEO Open GIS, SL

BGEO Open GIS, SL

bronze NCC Roads AB

NCC Roads AB

bronze Cawdor Forestry

Cawdor Forestry

bronze National Parks UK

National Parks UK

bronze Urbsol

Urbsol

bronze QGIS user group Denmark

QGIS user group Denmark

bronze Dr. Kerth + Lampe Geo-Infometric GmbH

Dr. Kerth + Lampe Geo-Infometric GmbH

bronze QGIS user group Portugal

QGIS user group Portugal

bronze FORNAT AG

FORNAT AG

bronze Royal Borough of Windsor and Maidenhead

Royal Borough of Windsor and Maidenhead

bronze GEPOL Ltd.

GEPOL Ltd.

bronze SOLTIG (Soluciones en Tecnologías de Información Geográfica)

SOLTIG (Soluciones en Tecnologías de Información Geográfica)

bronze GFI - Gesellschaft für Informationstechnologie mbH

GFI - Gesellschaft für Informationstechnologie mbH

bronze Septima

Septima

bronze GIS Support Sp. z o.o.

GIS Support Sp. z o.o.

bronze TYC GIS

TYC GIS

bronze GKG Kassel, (Dr.-Ing. Claas Leiner)

GKG Kassel, (Dr.-Ing. Claas Leiner)

bronze Teaching Jobs with Footprints

Teaching Jobs with Footprints

bronze Gaia3D, Inc.

Gaia3D, Inc.

bronze TerreLogiche

TerreLogiche

bronze Gis3W

Gis3W

bronze Trage Wegen vzw

Trage Wegen vzw

bronze KBB Underground Technologies GmbH

KBB Underground Technologies GmbH

bronze WhereGroup GmbH & Co. KG

WhereGroup GmbH & Co. KG

一般

機能:マウスホイールをカラーダイアログのスライダーに重ねる

QGIS 2.18では、カラーピッカーダイアログ内のいずれかのスライダ上でマウスホイールをスクロールして、値を少しずつ増やすことができます。これは、色のコンポーネントを微調整するための便利なショートカットです。

image59

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:カスタムカラースキームをカラーボタンドロップダウンメニューに追加する

QGIS 2.18では、ユーザーが作成したカラースキームをカラーボタンのドロップダウンメニューに表示するかどうかをユーザーが設定できるようになりました。この設定は、リストタブのカラーピッカーダイアログで制御します。新しいカラースキームを追加して、スキームメニューから新しい 「show in buttons」オプションを選択してください。一般的なパレットのセットを持っていて、カラーメニューから即座に使用できるようにするには便利なショートカットです。

image60

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

シンボロジー

機能:レイヤースタイルのパネルにカラーピッカーが埋め込まれました

QGIS 2.18では、レイヤースタイルパネル内のカラーボタンをクリックすると、別のダイアログとしてではなく、スタイルパネル自体でカラーピッカーダイアログが開きます。これにより、色をインタラクティブに変更して結果を即座にプレビューできます。

image42

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

ラベリング

機能:ラベル付けの代替リストサポート

ラベルテキストに適用するテキスト置換のリストを指定する機能を追加します。例:通りの種類を省略します。

ユーザーは代替品のリストをエクスポートおよびインポートして、再利用および共有を容易にすることができます。

image43

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:改良されたラインラベル配置アルゴリズム

ラインレイヤーのパラレルラベリングモードは大幅に改善されました。新しいアルゴリズムにより、地物ジオメトリのジグザグ部分にラベルを配置することはありません。

image44

この機能は、Andreas Neumannによって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:周囲に沿って曲線ラベルを使用してポリゴンにラベルを付ける

これにより、ポリゴンの外周に曲線ラベルを使用してラベルを付ける新しいモードが追加されます。

image45

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

レンダリング

機能:ラスタータイルのプレビュー(WMTSおよびXYZレイヤー)

QGISの以前のバージョンでは、結果の地図を表示するために、レイヤーのすべてのタイルのダウンロードが完了するまで待つ必要がありました。これは今修正され、地図のキャンバスにタイルがダウンロードされるとすぐに表示され、何かが表示されるまでの時間を大幅に短縮することでユーザーエクスペリエンスが向上します。さらに、より低い解像度またはより高い解像度からの以前にダウンロードされたタイルは、正しい解像度を有するタイルがまだダウンロードされていない領域のプレビュー機能に使用されてもよい。

image46

この機能は、 土地情報ニュージーランド によって資金提供されました

この機能は、 Martin Dobias(Lutra Consulting) によって開発されました。

機能:ラスター(WMS、WMTS、WCS、XYZレイヤー)のキャンセル可能なレンダリング

この機能強化により、リモートサーバーからのラスターレイヤーを操作する際のユーザーエクスペリエンスが向上します。以前は、ユーザーインターフェースがその間に凍っていたので、地図を再びズームまたはパンできるように、ダウンロードが完全に完了するまで待つ必要がありました。これは、ラスターレイヤーのレンダリングがいつでもキャンセルできるという事実によって修正されています。

この機能は、 土地情報ニュージーランド によって資金提供されました

この機能は、 Martin Dobias(Lutra Consulting) によって開発されました。

データ管理

機能:選択した機能のみをコピーするフラグを追加する

オフライン編集プラグインは、QGISに同梱されているデフォルトのプラグインで、リモートデータセット(データベースなど)をオフライン化してフィールドで編集し、オフィスに戻ったときに再同期化することができます。これにより、オフライン編集の可能性が拡張され、大きなレイヤーのサブセットでしか動作しません。

image47

この機能は、DB Fahrwegdienste GmbHによって資金提供されました。

この機能は Matthias Kuhn(OPENGIS.ch) によって開発されました

フォームとウィジェット

機能:個々の編集ウィジェットのラベルを制御できるようにする

フォーム内の個々の編集ウィジェットのラベルを制御できるようにする。ドラッグアンドドロップデザイナーでは、項目をダブルクリックすると、各項目ごとにラベルを個別に表示するかどうかを制御できます。

さらに、リンク/リンク解除ボタンが関係参照ウィジェットに表示されているかどうかを設定することができます。これは、親がなくても子が存在しない1:n関係を隠すのに便利です。

image48

この機能は、 Kanton Zug、GIS-Fachstelle によって資金提供されました

この機能は Matthias Kuhn(OPENGIS.ch) によって開発されました

機能:タブとグループボックスの条件付き可視性

これにより、タブとグループボックスをドラッグアンドドロップデザイナーフォームで条件付きで表示または非表示にするための新しい設定オプションが追加されました。

設定は、フィールドコンフィグレーションインターフェイスのデザイナツリーでダブルクリックして行います。

可視性を制御する式を入力できます。この式は、フォームの変更時に毎回値が再評価され、それに応じて表示/非表示のタブまたはグループボックスが再評価されます。

image49

この機能は Matthias Kuhn(OPENGIS.ch) によって開発されました

機能:クライアント側のデフォルトのフィールド値

このフィールドのデフォルト値を評価するために使用されるベクターレイヤーフィールドに式を設定できるようにします。デフォルト値式は、デジタル化されたジオメトリなど、呼び出し時に存在する地物のプロパティを利用できます。式変数はデフォルト値式でも使用できるため、ユーザー名、現在の日時、プロジェクトのパスなどを簡単に挿入できます。

image50

この機能は、DB Fahrwegdienste GmbHによって資金提供されました。

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

地図コンポーザ

機能:真北矢印

QGIS 2.18では、コンポーザの北矢印を真北に向けるサポートが追加されました。以前はすべての矢印がグリッド北に整列されていましたが、これは極地または非北上の投影(南アフリカの一部の投影システムなど)には適していません。今度は、矢印を北または真北に向けるように選択できます。オプションのオフセット角度もあり、グリッドのコンバージェンスを指定して矢印を磁北に向けることができます。

image51

この機能は ノルウェー極地研究所のQuantarcticaプロジェクト によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

プロセッシング

機能:表面上のポイントアルゴリズム

この新しいアルゴリズムは重心アルゴリズムに似ていますが、重心が対応する地物の外にある場合、 『Point on surface』 アルゴリズムは、対応するポリゴン地物の内部にあるポイントを作成することが保証されています(または、ラインレイヤの対応するライン地物にタッチする )。

image52

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:処理ディゾルブアルゴリズムは複数のフィールドを受け入れます

ディゾルブアルゴリズムでは、複数のフィールド値に基づいてディゾルブできるようになりました。以前のQGISのバージョンでは、ディゾルブは地物を単一のフィールド値でグループ化することしかできませんでした。

image53

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:最適化処理クリップアルゴリズム

処理クリップアルゴリズムは、一般的な使用シナリオに対して最適化されており、結果としてクリッピング操作のスピードアップが大幅に向上しました。例えば:

2つのポリゴンに対して100万行の道路レイヤをクリッピングする

以前のバージョン: 5分30秒
** QGIS 2.18:** 10秒

** 2つのポリゴンに対して500万ポイントのアドレスレイヤをクリッピングする**

以前のバージョン: 50分
** QGIS 2.18:** 30秒

image54

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:バウンディングボックスアルゴリズム

この新しいアルゴリズムは、入力レイヤーの各地物のバウンディングボックス(エンベロープ)を計算します。

image55

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:連結線アルゴリズムをマージする

このアルゴリズムは、MultiLineStringジオメトリのすべての接続部分を単一のLineStringジオメトリに結合します。入力されたMultiLineStringジオメトリのいずれかの部分が接続されていない場合、合成ジオメトリは、マージ可能な線や接続されていない線部分を含むMultiLineStringになります。

image56

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:幾何境界アルゴリズム

この新しいアルゴリズムは、入力ジオメトリ(すなわちジオメトリのトポロジカル境界)のコンビナトリアル境界のクロージャを返します。たとえば、ポリゴンジオメトリにはポリゴンの各リングの線ストリングで構成される境界があり、線のジオメトリには線の開始点と終了点からなる境界があります。このアルゴリズムはポリゴンまたはラインレイヤーにのみ有効です。

image57

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

データプロバイダ

機能:XYZタイルレイヤーのネイティブサポート

XYZ形式のラスタータイルがWMSデータプロバイダ内でネイティブにサポートされ、QuickMapServicesやOpenLayersなどのサードパーティのプラグインを使用しなくても、他のソースからのベースマップを表示できます。

XYZレイヤーへの接続を追加するには、ブラウザドックウィジェットを開き、「タイルサーバー(XYZ)」という項目を探して右クリックして、「新規接続」アクションのポップアップメニューを表示します。 {x}{y}{z} が現在の地図ビューに従って実際のタイル番号に置き換えられるURLを求められます。たとえば、OpenStreetMapベースマップを追加するには、次のURLを使用します: http://c.tile.openstreetmap.org/{z}/{x}/{y}.png

データプロバイダは、Bingが使用する「クワッドキー」へのXYZタイル番号のエンコードもサポートしています。URLに {x}{y}{z} の代わりに {q} を使うだけです。

image61

この機能は Lutra Consulting によって資金提供されました

この機能は、 Martin Dobias(Lutra Consulting) によって開発されました。

QGISサーバー

機能:サーバ内の地物情報ジオメトリをセグメント化する可能性

曲線(CircularArc、CompoundCurve、CurvePolygon)を含むジオメトリでは必要ですが、Webクライアント(QGIS Webクライアントなど)ではこれらのジオメトリタイプの表示を処理できません。

この機能は、[プロジェクトプロパティ]ダイアログの[OWSサーバー]タブで有効にすることができます。

image62

この機能は、Andreas Neumannによって資金提供されました

この機能は Marco Hugentobler(Sourcepole) によって開発されました。

プラグイン

機能:DBマネージャー:SQLレイヤーを更新する機能を追加する

この機能を使用すると、SQLリクエストに基づいている場合、レイヤー・データソースを更新できます。

この機能は Ifremer によって資金提供されました

この機能は 3Liz によって開発されました

プログラマビリティ

機能:GEOS線形参照関数をQgsGeometryに公開する

新しい関数 QgsGeometry::lineLocatePoint() が追加され、線ストリングに沿った線ストリング上の最も近い位置から所定の点までの距離を取得します。

この機能は、 North Road によって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。

機能:2.18の新しいPyQGISクラス

新しいコアクラス

  • QgsAnnotation - 地図上に描画されるアノテーション項目のインターフェース
  • QgsFeedback - ワーカースレッドで動作しているもののキャンセルに使用されるフィードバックオブジェクトの基本クラス
  • QgsOptionalExpression - 追加の有効フラグを持つ式

新しいGUIクラス、再利用可能なウィジェット

  • QgsExpressionLineEdit - 式を入力するための行編集と、式作成ダイアログを開くためのボタンが含まれています。このウィジェットは、式で使用するレイヤーフィールドがなく、スペースに制約があるコンテキストでの使用を想定して設計されています。
  • QgsTabWidget - QTabWidgetに似ていますが、タブを一時的に非表示にする/表示する追加のメソッドがあります

機能:新しい式の関数

QGIS 2.18には、角度/距離補間の関数を含むいくつかの新しい式関数が追加されています。

  • line_merge :MultiLineStringジオメトリを接続されたLineStringsにマージします。
  • boundary :ジオメトリのトポロジカルな境界を返します。つまり、ポリゴンの場合、これはポリゴンのリングを表すMultiLineStringです
  • angle_at_vertex :指定された頂点インデックスのジオメトリに対する平均(二等分線)の角度を返します
  • distance_to_vertex :指定された頂点インデックスまでのジオメトリに沿った距離を返します
  • line_interpolate_angle :ジオメトリに沿って指定された距離でジオメトリに平行な角度を計算します
  • line_interpolate_point :距離のあるライン上のポイントを返します。
  • line_locate_point :指定された点に最も近い最も近い行位置へのラインに沿った距離を返します

この機能は、Andreas Neumannによって資金提供されました

この機能は、 Nyall Dawson(North Road) によって開発されました。