QGISのインストーラー

QGISの入手方法

QGISはフリーでWindows、Linux、MacOS X、BSD、Androidで利用可能です。

リリースされているソフトウェア・パッケージからのインストールをお勧めします。

今後のリリースを検証し、開発者以外も開発をサポートすることができるよう、私たちはテスト版パッケージも提供しています (note the warning).

リリース前の機能凍結フェーズ ( リリースのスケジュール 参照) では、これらのパッケージは事実上の プレリリースとして扱われ、積極的な機能テストが奨励されます。

Windows

ウィンドウズ版インストーラについては メインインストーラページ を参照して下さい。

新規ユーザの方にはスタンドアロンインストーラを推奨します。

より高度なQGISのユーザーは、並列に複数のバージョンをインストールすることを可能にするOSGeo4Wパッケージを使用できます。

OSGeo4Wリポジトリには多くのOSGeoプロジェクトのソフトウェアが含まれています.QGISとそれが依存するPython,GRASS,GDAL等のソフトウェアが含まれています.インストーラを利用するとインターネットからインストールでき必要なパッケージをダウンロードします.ダウンロードされたファイルは次のインストールのためにローカルディレクトリに保存されます.手順は次の通りです:

  • OSGeo4W インストーラ (32 ビット または 64 ビット) をダウンロードして起動します

  • Advanced Instal を選択し、

  • Desktop セクションに移動し

  • そして、次のパッケージの一つ以上を選択:

    リリース バージョン パッケージ 詳細
    最新のリリース 3.4.x Madeira (new LTR) qgis リリース
    qgis-rel-dev [1] 次バージョンのNightlyビルド
    長期リリースリポジトリ 2.18.x Las Palmas (old LTR) qgis-ltr リリース
    qgis-ltr-dev [2] 次の長期サポートリリースバージョンのNightlyビルド
    開発版 3.5 master qgis-dev [3] 開発版のナイトリービルド
[1]最新リリースナイトリーSHA: 32ビット<http://download.osgeo.org/osgeo4w/x86/release/qgis/qgis-rel-dev/LATEST.sha> __、 `64ビット<http:// download。 osgeo.org/osgeo4w/x86_64/release/qgis/qgis-rel-dev/LATEST.sha>`__
[2]最新の長期リリースのナイトリーSHA: `32ビット<http://download.osgeo.org/osgeo4w/x86/release/qgis/qgis-ltr-dev/LATEST.sha>`__`64ビット<http: /download.osgeo.org/osgeo4w/x86_64/release/qgis/qgis-ltr-dev/LATEST.sha>`__
[3]マスターナイトリーSHA: `32ビット<http://download.osgeo.org/osgeo4w/x86/release/qgis/qgis-dev/LATEST.sha>`__`64ビット<http://download.osgeo.org /osgeo4w/x86_64/release/qgis/qgis-dev/LATEST.sha>`__

何らかの理由でOSGeo4Wを使用できないユーザーには、またはそれが好きだというだけのユーザーにも、 スタンドアロンインストーラ としてのOSGeo4Wからのqgis​​-devの 毎週のスナップショット があります(月曜日に撮影)。それは機能凍結フェーズでは リリース候補 としても機能します。

WARNING_に注意してください。

注釈

OSGeo4Wをそのままインストールしないようにしてください。QGISと、あなたがインストールしたい機能だけを選択してください。依存関係で必要となる機能は自動的に選択されます。全機能のインストールでは、手動インストール作業が必要となるサードパーティ製もインストールしようとています。これらのコンポーネントをインストールすると、インストールが正常に完了しない可能性があります。

Linux

ほとんどのLinuxディストリビューションでは、QGISをいくつかのパッケージに分割します。おそらく、QGISとQGIS-pythonのを(プラグインを実行する)必要があります。 qgis-grass(またはqgis-plugin-grass)のようなパッケージには、QGIS-サーバが最初にスキップ、またはそれらを必要とする場合にのみインストールすることができます。

ディストリビューションごとにインストールするための指示を見つけるには、下記。ほとんどのディストリビューションのための安定したQGISと最先端のQGISのテストビルドを(WARNING_に注意してください)をインストールするための指示をインストールするための命令があります。

Debian/Ubuntu

DebianとUbuntuのデフォルトリポジトリではしばしばQGISのバージョンが古いことがあります。

新しいバージョンを取得したい場合は別のリポジトリを追加する必要があります。以下の行から /etc/apt/sources.list ファイルに追加してください。

私たちの主なリポジトリは、個々のディストリビューションが提供する依存関係に基づく DebianとUbuntu のいくつかのバージョンのパッケージの複数の行が含まれています。

Ubuntuでは、 Ubuntugis に基づいた別のリポジトリに別のパッケージもあります。これは、Ubuntu自体よりも他のGISパッケージのバージョンを保持しています。それらを望む場合は、/etc/apt/sources.listファイルにubuntugis-unstable ppaを含める必要もあります( ubuntugis 文書 を参照してください)。

注釈

リリースパッケージは、新しいバージョンがリリースされた直後にのみ生成されます。不安定で、まだリリースされていないDebianのバージョン(テスト)やUbuntugis-unstableはライブラリを変更することがあります。debian、ubuntu、またはUbuntugis-unstableの開発が進行し、パッケージが依存関係として使用されると、 qgisの変更で。このイベントでは、

  • 安定したDebianバージョンに移行し、リリースされたパッケージを使用してください。
  • 毎月行われる次のポイントリリース(期限 2019-01-18 12:00:00 UTC )を待って、更新された依存関係を含めます。
  • パッケージが定期的に再構築される夜間リポジトリ(** 2 **リリースブランチとマスターで利用可能)に切り替わり、更新された依存関係を自動的に取得するか、または
  • 独自のパッケージセットを構築してください(INSTALL_を参照)。

パッケージのライン:

リリース バージョン 詳細 リポジトリ
最新のリリース 3.4.x Madeira (new LTR) DebianとUbuntu 用のリリース https://qgis.org/debian https://qgis.org/ubuntu
Release with ubuntugis-unstable dependencies https://qgis.org/ubuntugis
DebianとUbuntuの今後のポイントリリースの夜間ビルド https://qgis.org/debian-nightly-release https://qgis.org/ubuntu-nightly-release
ubuntugis-unstable依存関係を持つ、今後のポイントリリースの夜間ビルド https://qgis.org/ubuntugis-nightly-release
長期リリースリポジトリ 2.18.x Las Palmas (old LTR) DebianとUbuntu 用のリリース https://qgis.org/debian-ltr https://qgis.org/ubuntu-ltr
Release with ubuntugis-unstable dependencies https://qgis.org/ubuntugis-ltr
DebianとUbuntuの今後のポイントリリースの夜間ビルド https://qgis.org/debian-nightly-ltr https://qgis.org/ubuntu-nightly-ltr
ubuntugis-unstable依存関係を持つ、今後のポイントリリースの夜間ビルド https://qgis.org/ubuntugis-nightly-ltr
開発バージョン 3.5 master DebianとUbuntu 用の夜間ビルド https://qgis.org/debian-nightly https://qgis.org/ubuntu-nightly
ubuntugis-unstable依存関係を持つナイトリービルド https://qgis.org/ubuntugis-nightly
次のポイントリリース: 2019-01-18 12:00:00 UTC
次のリリース: 2019-02-22 12:00:00 UTC
(より多くの日付はリリーススケジュールを参照してください:doc:../getinvolved/development/roadmap

サポートされているディストリビューションのバージョン:

配布 バージョン コードネーム また、ubuntugis-unstable依存関係に基づいて利用できますか? with 3D [6]
Debian 8.x jessie [4]    
9.x stretch    
10.x buster   はい
sid 不安定   はい
Ubuntu 18.04 bionic はい はい
17.10 artful   はい
16.04 (LTS) xenial [5] はい  
14.04 (LTS) trusty [4] はい  
[4](1, 2) only up to 2.18 LTR
[5]3.0以上はubuntugis-unstable(通常のxenialにはGDAL2が欠けている)
[6]Qt >= 5.9でのみ

あなたの /etc/apt/sources.list に一つのリポジトリの行を追加してください:

deb     *repository* *codename* main
deb-src *repository* *codename* main

Debian stretchの最新リリース例:

deb     https://qgis.org/debian stretch main
deb-src https://qgis.org/debian stretch main

その後、以下のコマンドを入力してQGIS

sudo apt-get update
sudo apt-get install qgis python-qgis qgis-plugin-grass

QGIS Serverをインストールする場合(クライアントとサーバーの両方のアプリケーションを同じマシンにインストールするのは一般的ではありません)、次のように入力します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install qgis-server python-qgis

注釈

更新を行う前に他のリポジトリからインストールした全てのQGISとGRASSのパッケージを削除して下さい。

keyserverのエラーが発生する場合、あなたの apt keyring にqgis.prgリポジトリの公開鍵を追加してください。

wget -O - https://qgis.org/downloads/qgis-2017.gpg.key | gpg --import
gpg --fingerprint CAEB3DC3BDF7FB45

出力はこうなるはず:

pub   2048R/BDF7FB45 2017-08-16 [expires: 2019-08-16]
      Key fingerprint = 61E0 A086 749E 463E DE50  2255 CAEB 3DC3 BDF7 FB45
uid                  QGIS Archive Automatic Signing Key (2017) <qgis-developer@lists.osgeo.org>
sub   2048R/E959BBCF 2017-08-16 [expires: 2019-08-16]

指紋を確認した後、あなたはとのaptにキーを追加することができます:

gpg --export --armor CAEB3DC3BDF7FB45 | sudo apt-key add -

別の方法としては、鍵サーバーから鍵をダウンロードして(手動指紋認証なしで)一度にがちにキーを追加することができます:

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key CAEB3DC3BDF7FB45

Fedora

Fedoraでのパッケージ取得方法:

sudo dnf install qgis qgis-python qgis-grass qgis-server

デフォルトのFedoraソフトウェアリポジトリには、QGISの古いバージョンが格納されていることがよくあります。

新しいバージョンを使用するには、インストールするバージョン(安定版、LTR版またはテスト版)に基づいて、別のソフトウェアリポジトリを追加する必要があります。

QGIS安定版

リポジトリを有効にする:

sudo dnf copr enable dani/qgis

その後、以下のコマンドを入力してQGIS

sudo dnf install qgis python3-qgis qgis-grass

QGIS Serverをインストールする場合(クライアントとサーバーの両方のアプリケーションを同じマシンにインストールするのは一般的ではありません)、次のように入力します。

sudo dnf install qgis-server python3-qgis
配布 バージョン QGISバージョン GRASS GISのバージョン with 3D
Fedora 27 3.4 7.4 はい
28 3.4 7.4 はい
29 3.4 7.4 はい

より多くの情報は https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/dani/qgis/ で入手可能です

QGIS LTR(長期リリース)

リポジトリを有効にする:

sudo dnf copr enable dani/qgis-ltr

その後、以下のコマンドを入力してQGIS

sudo dnf install qgis python2-qgis qgis-grass

QGIS Serverをインストールする場合(クライアントとサーバーの両方のアプリケーションを同じマシンにインストールするのは一般的ではありません)、次のように入力します。

sudo dnf install qgis-server python2-qgis

このリポジトリには、QGIS 2.18と互換性のあるSAGAのコピーも用意されています。次のコマンドでインストールできます:

sudo dnf install saga python2-saga
配布 バージョン QGISバージョン GRASS GISのバージョン SAGA バージョン
Fedora 27 2.18 7.4 2.3.1
28 2.18 7.4 2.3.1

より多くの情報は https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/dani/qgis-ltr/ で入手可能です

QGISテスト版

リポジトリを有効にする:

sudo dnf copr enable dani/qgis-testing

その後、以下のコマンドを入力してQGIS

sudo dnf install qgis python3-qgis qgis-grass

QGIS Serverをインストールする場合(クライアントとサーバーの両方のアプリケーションを同じマシンにインストールするのは一般的ではありません)、次のように入力します。

sudo dnf install qgis-server python3-qgis
配布 バージョン QGISバージョン GRASS GISのバージョン with 3D
Fedora 27 3.5 7.4 はい
28 3.5 7.4 はい
29 3.5 7.4 はい
rawhide 3.5 7.4 はい

テストビルドは、毎週更新されます。詳細は https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/dani/qgis-testing/ をご覧ください。

RHEL, CentOS, Scientific Linux

QGIS 1.8

ELGSではEPELレポジトリを有効にする必要があります http://wiki.osgeo.org/wiki/Enterprise_Linux_GIS#Note_about_Fedora.2C_ELGIS_and_EPEL を参照して下さい

注釈

ELGSではEPELレポジトリを有効にする必要があります http://wiki.osgeo.org/wiki/Enterprise_Linux_GIS#Note_about_Fedora.2C_ELGIS_and_EPEL を参照して下さい

openSUSE

QGIS安定版

qgisと呼ばれる最新の安定したopenSUSEパッケージは、13.1,13.2、Leap_42.1、Leap_42.2、およびTumbleweed(32および64bit)で利用できます。次のリポジトリをインストールマネージャに追加します。ここで <VERSION> は例えば 『openSUSE_Tumbleweed』。

https://download.opensuse.org/repositories/Application:/Geo/<VERSION>/

すべてのパッケージには GRASS と Pythonのサポートが含まれています。

QGIS LTR(長期リリース)

qgis-ltrと呼ばれるopenSUSEの長期リリースパッケージは、13.1,13.2、Leap_42.1、Leap_42.2、Tumbleweed(32および64bit)で利用できます。次のリポジトリをインストールマネージャに追加します。ここで <VERSION> は例えば 『openSUSE_Tumbleweed』。

https://download.opensuse.org/repositories/Application:/Geo/<VERSION>/

すべてのパッケージには GRASS と Pythonのサポートが含まれています。

QGISテスト版

qgis-masterという定期的に更新された開発パッケージは、13.1,13.2、Leap_42.1、Leap_42.2、およびTumbleweed(32および64bit)で利用できます。次のリポジトリをインストールマネージャに追加します。ここで <VERSION> は例えば 『openSUSE_Tumbleweed』 です。:

https://download.opensuse.org/repositories/Application:/Geo/<VERSION>/

すべてのパッケージには GRASS と Pythonのサポートが含まれています。

Mandriva

QGIS安定版

Current:

urpmi qgis-python qgis-grass

Slackware

QGIS安定版

パッケージは http://qgis.gostack.org にあります

ArchLinux

QGIS安定版

Archlinuxは公式リポジトリにあります: https://www.archlinux.org/packages/community/x86_64/qgis/

インストール  :

pacman -S qgis

QGIS LTR

Qgis長期リリースはAUR(Arch ユーザーリポジトリ)で入手可能です。

AURをサポートするyaourtか他のパッケージマネージャでインストールしてください。

yaourt -S qgis-ltr

バグやその他の振る舞いについては、ここでコメントを読んでください: https://aur.archlinux.org/packages/qgis-ltr/

QGISテスト版

QgisテストはAUR(Archユーザーリポジトリ)で利用可能です。

AURをサポートするyaourtか他のパッケージマネージャでインストールしてください。

yaourt -S qgis-git

バグやその他の振る舞いについては、ここでコメントを読んでください: https://aur.archlinux.org/packages/qgis-git

Mac OS X / macOS

インストール手順は、ディスクイメージのReadMeに記載されています。ダウンロードはQGISのダウンロードページにあります。

QGIS current

現在のQGISパッケージは、 python.org Python 3.6 、少なくともバージョン3.6.5、 「macosx10.9」ビルド以外のディストリビューションはサポートされていません。パッケージを番号順にインストールします。特に、GDAL CompleteパッケージとQGISの前にPythonをインストールする必要があります。それ以外の場合は、GDALやPythonモジュールがインストールされません。

QGIS安定版

安定したパッケージはシステムPython 2.7を使用します - 他の配布はサポートされていません。また、ディスクイメージにNumPyパッケージとMatplotlibパッケージが必要です。パッケージを番号順にインストールします。旧バージョンのメジャーバージョン(2.16以前)をアップグレードする場合は、このバージョンをインストールする前にApplicationsフォルダからQGIS.appを削除してください。

プラグインを使用するための他のPythonモジュールは、 kyngchaos.com から利用可能です。

FreeBSD

QGIS安定版

バイナリパッケージからQGISをコンパイルするには次のようにタイプしてください:

pkg install qgis

QGISテスト版

FreeBSDでQGISをソースからコンパイルする場合は次のようにタイプして下さい:

cd /usr/ports/graphics/qgis
make install clean

WARNING_に注意してください。

Flatpak

QGIS Stable用の 実験的 QGIS flatpakが入手可能です。

一般的なLinux Flatpakのインストールノートについては、 https://flatpak.org/setup/ を参照

QGIS on Flathub: https://flathub.org/apps/details/org.qgis.qgis

インストールするには:

flatpak install --from  https://flathub.org/repo/appstream/org.qgis.qgis.flatpakref

それから実行するには:

flatpak run org.qgis.qgis

flatpak QGISをアップデートするには:

flatpak update

Flathubファイル: https://github.com/flathub/org.qgis.qgis

Android

グーグルプレイストアで利用可能な実験的なバージョンがあります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.qgis.qgis

警告

Android 5のためのサポートは現在ありません。.ベストサポートはアンドロイド4.3と4.4.x.のために与えられています。これは、QGISデスクトップアプリケーションの直接のポートです。それはわずかにタッチデバイス用に最適化されたので、慎重に日々の使用でその適合性のために評価する必要があります。特にタッチデバイス用に設計され、最適化されている利用可能な他のアプリがあります。

QGISテスト警告

警告

QGISのテストパッケージは、QGISの安定版に加えて、いくつかのプラットフォームのために提供されています。QGISのテストは、現在作業している未発表のソフトウェアが含まれています。彼らは唯一のバグが解消されたので、新たなバグが導入されていないことかどうかをチェックするために早期導入にテスト目的のために提供されます。私たちは慎重に破損を回避しようが、それは任意の時点で動作しない場合があります、またはあなたのデータに悪いことを行うことができます。世話をする。あなたは警告されています!

ソースからインストールする

異なるプラットフォーム用のソースからQGISをビルドしてインストールする方法については、 インストールガイド を参照。