QGISを使用して生物多様性と生態系サービス(HABEaS)のホットスポット地域を地図化する

HABEaS(生物多様性と生態系サービスのためのホットスポット地域)は、 応用生態学センター農業経営学院 、リスボン工科大学)世界自然保護基金(WWF)、およびファウナリアにより作成されたオンライン地理情報システム(WebGIS)です。

このプラットフォームの主な目的は、地中海流域の生物多様性と生態系サービスに関するさまざまなデータに自由にアクセスできるようにすることです。現在、HABEaS WebGISはポルトガルの南部をカバーしていますが、2012年末/ 2013年初めにはポルトガルの北部とボスニア・ヘルツェゴビナのTuzla Cantonまで拡張されます。長期的には、このツールを地中海の流域全体に広げたいと考えています。

../../../_images/portugal_lisbon1.jpg

このツールの主な目標は、生物多様性と生態系サービスに関する情報への自由かつ容易なアクセスを促進することであるので、私たちはいかなる個人または団体もその場所や財政的制約に関係なく使用できる、唯一のフリーオープンソースソフトウェアを使用することにしました。HABEaS WebGISのあるウェブサイトは、DebianのLinuxを実行するサーバーにホストし、DrupalのCMSで開発されました。PostgreSQL/PostGISがデータを格納するために使用され、いくつかのエンティティから取得したGISを処理して分析ためにQGISを使用しました。私たちは、GRASSプラグインとSEXTANTEツールボックスを通じてQGISのネイティブツールだけでなく、GRASSのGISとSAGA GISツールの両方を使用していました。

../../../_images/portugal_lisbon2.jpg

HABEaS に含まれている地理情報は、ポルトガルの南部の高保護価値森林(HCVF)を識別するサポートを提供するためにWWFによって使用されてきました。これは所有する森林について森林管理協議会(FSC)認証を受け取りたい土地所有者には必須のステップです。

../../../_images/portugal_lisbon3.jpg

各プロパティでどの保存値が発生しているかを調べるために、SEXTANTE モデラーを使用して、すべてのHABEaSレイヤーとプロパティの境界線と交差させるスクリプトを作成しました。同じツールを使用して、現在各プロパティに格納されている炭素量を自動的に計算するスクリプトも作成できました。

../../../_images/portugal_lisbon4.jpg

結論

QGISは使いやすく、非常に強力なジオプロセシング機能を備えています。SEXTANTE ToolboxによるGRASS GISツールとSAGA GISツールの統合により、多数の複雑な空間解析を実行し、SEXTANTE Modelerを使用してそれらをパイプライン化することができました。また、新しいプリントコンポーザで高品質の地図を作成することも、強力なオープンソースのベクターグラフィックスエディタであるInkscapeでさらに編集するためにSVG形式でエクスポートすることも非常に簡単でした。

一般的に、私たちのQGISの経験は非常に肯定的でした。ソフトウェアは円滑に実行され、コミュニティは非常に積極的で支持的です。報告されたバグは、通常、ユーザーから報告された直後に解決され、QGISの開発者は常に「エンドユーザーのニーズと要望」を喜んで聞いてくれます。

制作者

Filipe Dias

フィリップスディアス

Filipe Diasは、応用生態学センター(リスボンのテクニカル大学研究所)と自然界のための地中海プログラム(WWF)のコンサルタントである応用生態学センターの博士課程の学生です。