トリノ地質・水文防災研究所 - 航空写真保管管理

トリノ(IRPI)の地質・水文防災研究所、イタリアの国立研究評議会(CNR)のメンバー、では1970年にその活動を開始しました。例えば地質学や地質の研究基盤の懸念様々以下の捜査部門ので、集められたスキルを、アルパイン・ポー川水系(イタリア北部)や自然災害の監視、予測および予防の機能を備えています。これらのタスクは、ハース科学、工学、geomaticを含む学際的なアプローチの雇用によって行われています。

徹底的な調査研究を行うため、現地調査、モデリングや歴史的な記録の分析に加えて、空中フォトグラムが使用されています。それらの使用は「単純な」視覚的分析から実体図化や画像分割などの複雑な処理まで様々です。

研究所は、説明された目的のために、そのアーカイブに約170000、最近および歴史的な写真図を保存しています--- 1920年代にさかのぼる最も古いもの(図1)---異なる年に、ポー盆地またはその一部。いくつかの写真はイタリア北部の他の流域をカバーしています。さらに、アーカイブは記載されたフォトグラムの飛行計画を保持します(図1)。

1929 photogram (left) and 1954 flight plan (right)

1929年の写真(左)と1954年の飛行計画(右)。

アーカイブ管理

データのそのような量に対応するために、GISのアプローチが採用されました。最初のフォトグラム足跡を示す各飛行計画は、ジオリファレンスとシェープファイル形式でデジタル化され、スキャンしました。そしてフォトグラムは600dpiでスキャンされ、ファイルはマップシート、取得年度、ストリップ番号、フォトグラムのシリアル番号とプロパティのコード(IRPI者または外部)を含むコードに応じて名前がつけられました。

デジタル化された飛行計画の各フットプリントは、その属性中に、EVISプラグイン(ホーニングら、2009)を使用することによりフォトグラムをスキャンするシェープファイルをリンクするための、検索と参照のユーザーフレンドリーなインターフェースを可能にするための以前のコードとともに提供されました(図2)。フォトグラムコードに関するデータがフィールドの計算によって、より属性テーブルのフィールドに格納されていた、「リンク」フィールドは、フォトグラムファイルパスを格納作成されました。

Photogram display (eVis Plugin)

フォトグラム表示(eVis Plugin)

また、地理的な検索インターフェースが開発された検索可能なデータの量に起因します。グラフィカルモデラー機能(処理、旧SEXTANTE、プラグイン)のおかげで、開発ツールでは、異なる選択マスクと入力ボックスにより、ユーザーは3層(管理境界、マップシート、河川)の中から選択できます、そのテーブルに問合せすることで地物を見つけ、それが空間的に選択された地物(図3)と交差するフォトグラム足跡を選択する目的で、デジタル化された飛行計画を照会するために使用します。この手順を、それらのファイル名とパス、さらなる処理のためにフォトグラムファイルによって、選択されたフォトグラムを指摘し、単に前述のツールまたは抽出物でそれらを表示することが可能です。

Graphic modeler scheme used in the selection tool (in background: purple polygons-map sheets; labeled orange polygons-photogram footprints; brown polygons-municipalities administrative borders)

選択ツールで使用されるグラフィックモデラースキーム(バックグラウンドで:パープルポリゴンマップシート、ラベルされたオレンジ色のポリゴン、フォトグラムの足跡、茶色のポリゴン、自治体行政のボーダー)

フォトグラムのコレクションは、(例えばGodoneら、2014)とプロの環境(図4)研究の両方で非常に重要です。今説明した手順とツールのおかげで、コレクションは完全にアクセス可能で、2009年からフォトグラムは、研究所の内部と外部の両方のいくつかのプロジェクトで採用されました。QGISの機能とプラグインは、その管理の実装で、その搾取の両方でフォトグラムアーカイブを最適化するためのツールと手順を開発できました。

Pie chart showing different area of interest employing photograms in year 2013

2013年にフォトグラムを使用した様々な関心領域を示す円グラフ

参考文献

  • Gedone D.、Garbarino M.、Sibona E.、Garnero G.、Godone F.(2014年)「ヘーゼルナッツ農園による伝統的な地中海風景の漸進的な断片化:ランゲ地域(北西イタリア)における時間の経過に伴うCAPの影響」、土地利用政策、ISSN:0264-8377

  • Horning N.、Koy K.、Ersts P.(2009) 「eVis(v1.1.0)ユーザーズガイド。アメリカ自然史博物館、生物多様性と保全センター」 http://biodiversityinformatics.amnh.org/ から入手可能

著者

Danilo Godone

ダニロ・ゴドーネ

ダニロ・ゴドーネは、地滑り、氷河、さらに一般的には自然災害の監視における地形的貢献を研究している、トリオ大学のポストドック助成金所有者です。同大学のNATRISK ---山岳・丘陵環境における自然リスク研究センターのメンバーです。彼は同じトピックでフリー・コンサルタントとしても働いています。

Franco Godone

フランコ・ゴドーネ

フランコ・ゴドーネは1972年以来、トリノ地質・水文防災研究所(IRPI-CNR)の専門技術者です。アルプス地方の地形学や航空写真測量の調査やデータ分析に携わります。