ブルゴーニュの歴史的風景ワーキンググループ

ノースカロライナ大学を拠点ととする研究者の学際的なグループは、30年以上にわたってフランスのブルゴーニュ地方で働いてきました。私たちは現在に鉄器時代、ガロ・ローマ時代、中世期から2000年の期間にわたって人間の居住や土地利用の変化のパターンを理解しようとしています。私たちのプロジェクトは、多種多様な分野の研究者が含まれていて、私たちのプロジェクトの一部は、このような長時間の学際的な研究活動を実施する方法を含んでいます。GIS、GPS、リモートセンシングは私たちの仕事に不可欠なものになっています。また私たちのGISデータベース(このような考古学的な応用の最初のものの1つ)は最初に1986年に作成されました。私たちは南ブルゴーニュ内のUxeauのコミューン周辺の地域で、考古学的、歴史的、地質的、生態的、および民族的な研究を行いました。長期間にわたり生産性と安定性を維持してきている、豊かで強靭な風景です。

Our research area in Southern Burgundy, France. This research was done in and around the commune of Uxeau, shown at center right.

フランスの南ブルゴーニュにある私たちの研究領域。この研究は、中央右に示す、Uxeauのコミューンとその周辺で行われました。

私たちのプロジェクトとQGISの使用方法

歴史生態学の理論的な枠組みが主催する私たちの研究は、人々、彼らの社会、自然、構築された環境の相互作用、そしてこれらのことが時間の経過とともにどう変化するか、を中心としています。1659年に遡る地域の古地図のコレクションを使用して、私たちは豊富なプロジェクトのGISデータベースに、21枚の地図の合計のために地物をスキャンし、デジタル化し、抽出しています。可能な場合は、当社のデータベースにある機能は、土地被覆(森、ブドウ畑、牧草地や農業耕作地)これらの異なる日付から、池や小川、工場、道路や建物があります。私たちはまた、1834年、1964年と2012年から地籍区画データを持っていて(図1内の場所を参照)、これらはUxeauのコミューンのための詳細な土地利用の変更パターンに関する詳細なデータを与えます。このプロジェクトは学際的であり、私たちは大規模な現地調査、口述歴史と民族誌のインタビュー、様々なlibrariesarchivesでドキュメンタリー研究、地質学や生態学的分析を(図3を参照)conducedています。

この景観の重要な特徴は水であり、そしてそれは、私たちの現在の研究のfociusesの一つです。この地域には流れが交錯し、それらはせき止められて池、多くは少なくとも中世に遡る、が形成されてきました。その土のダムでのこれらの池の作成と保守には、多くの作業と費用が必要でした。私たちの研究では、これらの人工池は、国内消費と販売のために魚を調達衣類を洗濯、処理のために麻を浸し、そしてレクリエーションのため、水の家畜に使用されたことが示されています。過去に池で最も重要な機能の1つは、主には穀物を挽くためですが油を搾ったり木材を切断するためにも、水車を回すことでした。これらの水車の多くが消えてしまい、存続する水車の建物の多くは怠慢や再開発が原因で絶滅の危機に瀕しています。古地図から識別池や水車敷地の私たちの最近の現地調査は、残りの池や水車敷地を文書化し、当社の過去のデータを確認し、新しいGISとGPS技術をテストし、現在の経済の中でこれらの機能の条件と変化する機能をより良く理解するために設計されました。

当社の現地調査は、これらのサイトを査定し、ビデオ・写真撮影し、GPSポイントを取ることによってその場所を確認し、ガーミンGPSを使用することによって歴史的な地図を現在のランドスケープと位置揃えすること(図2参照)が含まれています。また、池や水車小屋の現在の所有者の一部にインタビューを行いました。私たちの仕事では、52の池や地域の27の水車を文書化しています。

私たちは現在、この複雑な景観を研究するために使用されている分析のデータおよび種類は、私たちの大きなGISデータベースは、そのような地籍納税記録など歴史的な記録、農業レポート、集団内に統合されている1759年から2012年までの日付の範囲の一連の地図を含み、国勢調査と教区/民事レジスタからのデータ、池からの環境データ(花粉、土砂地球化学、結晶粒径、安定同位体)、そして地元の農村住民とのオーラル・ヒストリー/民族誌のインタビュー。

A view of our project QGIS database. At right is the eVis GPS ground photo and data of a recently drained pond dating back at least to 1834. In the GIS image at center top you can see the location of the pond as a yellow dot. Red dots show other eVis ground photos of mills and other historical or archaeological sites.

私たちのプロジェクトのQGISデータベースのビュー。右側にはEVIS GPS地上の写真と、少なくとも1834年にさかのぼって最近排水池のデータ。GISの画像で中央上には黄色の点として、池の場所を見ることができます、赤点は、工場や他の歴史や遺跡の他のEVIS地上の写真を示しています。

結論

私たちのプロジェクトでは1986年にGRASSを使い始め、これだけでなく、商業用のArcGISやフォトショップ、ガーミンBaseCamp、EVISなどのような他のさまざまなツールを使用し続けています。多くの米国やヨーロッパの様々な機関で協力者、および大学院生が出入りしているので、フリーでオープンソースツールを使用することはたいへん理にかなっています。私たちは、QGISとGRASSの組み合わせは、私たちのプロジェクトのために可能なデータ解析と可視化、使いやすさ、相互運用性、および可搬性を提供することを見出しました。考古学者はGRASSとオープンソースGISコミュニティで長年にわたって強い存在感を持っていて、多くの機能を開発し共有することでこの重要な取り組みに大きく貢献しました。私は長年にわたってフランス国内でいくつかのQGIS / GRASS / Rの4日間短期講習を教えていて、フランス全土から多くの考古学者とこれらのツールを共有してきました。

私たちの研究では、この景観と住民の関係の長期的な歴史を探求していくつもりで、この地域の森林、牧草地や牧草地、耕作地との元ブドウ畑の変更パターンを含めるために工場や池に私たちの現在の焦点を越えて私たちの仕事を拡大するでしょう。

From top left going clockwise: Some of the local Charolais cattle, doing ethnographic interviews with local farmers, a GIS map showing forest change from 1759 to 1983, and a book of Uxeau 1791 cadastral tax records. In the center is a color 1759 Cassini map of the area.

左上から時計回りに:ローカルシャロレー種のいくつか、地元農家と民族誌のインタビュー中、1759年から1983年への森林の変化を示すGIS地図、および1791年のUxeauの地籍納税記録の本。中心はこの地域の1759年の色付カッシーニの地図です。

連絡先

著者

Jones, Tickner and Madry doing field work

現地作業中のJones、Tickner、Madry

この記事は、スコット・マドリー博士によって2013年8月に寄稿されました。博士は考古学のチャペルヒルの研究所ノースカロライナ大学で考古学におけるカリキュラムの研究准教授です。またストラスブール、フランスの国際宇宙大学の教員であり、そしてchercheurアソシエ・デュ・ラボラトリー考古学らTerritoiresドゥUMR 7324 CITERES、大学フランソワ・ラブレー/ CNRSです。この研究プロジェクトは博士エリザベスA.ジョーンズ、歴史人類学者(UNC)、博士アマンダ・B・ティックナー、paleoethnobotanist(UNC)博士D.セス・マレー、民族誌学者および経口歴史(NCSU)と共同で実施されます。