地方政府の森林火災ハザードマップでのQGISとGRASS

はじめに

南ダウンズ広域行政機関(SDRC)は南東クイーンズランド、オーストラリアの中小地方政府です。協議会地域、主に南部では、主要な山火事に苦しんでいます。山火事は南ダウンズ地域の住民や土地所有者のための現実と存在関心事である、そして生命と財産の損失をもたらしました。

このプロジェクトによって、行政機関およびこの地域の人々がリスクをより意識できるようになり、将来のより良い意思決定ができます。

プロジェクト

山火事は、SDRCにとってだけでなく、クイーンズランド州全体にとって問題なので、州政府は、洪水・森林火災・地すべりの悪影響を緩和する国家計画方針1月3日[1]を通じ、各地方政府にその地域での山火事の危険を認識することを求めています。この種の仕事は通常はコンサルタントを使って行われることになるのでしょうが、代わりにQGISとGRASSの組み合わせを使用して協議会自身によって行われました。

プロジェクトの GIS側は主に6つのステップに分けられます

  • 傾斜の評価と図化

  • 斜面方向の評価と図化

  • 植生の評価と図化

  • 山火事の危険の重大度を識別するためのスコアを組み合わせます

  • フィールドの検証および定性的評価

  • 最終的な地図

QGISとGRASSの使用

QGISは、GRASSプラグインを使用して、仕事を完了するのに必要なツールを提供するために選択され、QGISとGRASSの間の相互作用は、ラスター地図を処理してユーザーに意味のある方法でそれらを提示することを容易にしました。SDRCではその主なGISシステムについてMapInfoを使用していますが、MapInfoのアドオンは、ラスター処理のためにはGRASS GISほど強力ではありませんでした。

QGIS GRASSプラグインは次いでr.surf.contourを用いて等高線ラスター地図に変換したGRASSに全領域の5メートルの等高線をインポートするために使用されました。傾斜方向図は、次に、ラスター等高線図からr.slope.aspectを用いて作製しました。カテゴリは、異なる傾斜および斜面方向範囲に割り当てられ、ハザードリスクスコアを与えました。植生領域も異なるリスクスコアを与えられました。すべての得られたラスター地図は次いでmapcalcを使用して結合し、最終的なリスクの危険スコアを与えました。それからリスクスコアは次の3つの主なカテゴリーに分けられます:高・中・低。

プロセスの最後の部分は地方消防サービスを通じての現場検証でした。レビュープロセスの後、QGISが、プレゼンテーションのための最終的な地図を印刷するのに使用されました。

すべてのGRASSのコマンドはコマンドラインから実行できるので、山火事のハザードマップを生成するのに必要とされたすべてのコマンドは、文書化のためおよび将来いつかの時に地図を再作成するために必要な場合のために、記録されました。

結論

全体的にQGIS、一緒にGRASSプラグインで、素晴らしい経験と、自分の山火事ハザードマップ作成を行う協議会のための偉大な最終的な結果を提供します。GRASSプラグインはQGISを通じてGRASSへのインターフェイスを非常に使いやすいを提供します。QGISではGRASSラスター形式をネイティブに開けるため、統合は非常にシームレスで、地図を容易に作成できます。

このプロジェクトは2010年にオーストラリアの状態プランニング賞のクイーンズランド計画研究所で奨励賞を受賞しました[2]

制作者

Nathan Woodrow

Nathan Woodrow

この記事は、ネイサン・ウッドローにより、2011年1月に寄稿されました。ネイサンは南ダウンズ地域協議会でのGISの役員であり、サウザークイーンズランド大学の空間科学の準学士で勉強中です