大学でのGISの遠隔学習指導のためのQGIS

はじめに

サザンクイーンズランド大学(USQ)は、オーストラリアのクイーンズランド州南東部に位置する地域大学です。キャンパス内外で28,000人の学生が学んでいます。インターネットサービスなどの最新技術への学外の学生のアクセスはいろいろ異なっています。また学生たちはいろいろなオペレーティングシステム(たとえば、Windows、MacOS、およびLinux)を持ついろいろなコンピュータ(たとえば、ノートブック、デスクトップ、等)を使用しています。

学内モードと学外モードの両方で教育を提供するには多くの技術的課題があります。GISコースを教えるには、これらの課題を克服する必要があります。平均して、毎年300〜350人の学生が基礎GISコースに登録しています。その約80%は学外モードで学んでいます。

USQ Main Campus Map created using QGIS

QGISを使用して作成されたUSQメインキャンパス地図

サザンクイーンズランド大学のQGIS

GIS教育は実践的な処理スキルを伴わなければ不完全です。しかし、学外の学生に実践的なGISスキルを提供するのは、インターネットアクセス、ソフトウェアライセンスのコスト、およびさまざまなコンピュータオペレーティングシステムとの互換性の問題のため、簡単なことではありません。

USQの伝統的なGIS教育プログラムは、もともとGISの学習リソースへのさまざまなレベルのアクセスを提供するように設計されていました。キャンパス内の学生はGISの実践的なハンズオン指導を受けましたが、キャンパス外の学生は後日USQのメインキャンパスの住宅学校に通いGISの実践的な指導を受けました。同じコースに登録されている異なるグループの学生に同時に異なるレベルの指導を提供することは、学生にとって公正とは見なされませんでした。この不平等を取り除くことが優先事項となりました。

私たちのニーズに対して、さまざまなオープンアクセス地理空間ソフトウェアプログラムが評価されました。QGISは、私たちが直面しているほとんどすべての課題を克服するのに最も適していることがわかりました。特別な利点には、その無料の可用性、使いやすさ、適応性、およびプラットフォームの独立性がありました。私たちはそれを採用し、USQで開発された追加の学習リソースでそれを豊かにしました。

伝統的な「クックブック」の指導方法は、現代的な視聴覚的なデモンストレーションプレゼンテーションとそれに続く問題に基づいた実践的な学習演習に置き換えられました。コース評価(課題)はGISソフトウェアの使用を要求するように書き直されました。学生は24以上のQGISベースの実地演習と学期中の課題を完了しました。

平均して、コースの生徒の93%がQGISソフトウェアと教材を使っていました。自主的なフィードバックは、51%のQGISユーザーから寄せられていました。結果(図2)は、大部分(82%)の学生がQGISソフトウェアを評価し、実践的な学習リソースをGISの学習に「役立つ」から「非常に役立つ」と評価しています。他のほとんどの人はそれを「妥当」と評価しました。

Student response graph

生徒の反応グラフ

質問、「このコースの最良の側面は何でしたか」 、へのフィードバックコメントは:

  • 記録されたQGISオーディオビジュアルの詳細。

  • QGISソフトウェアの使用と学習

  • QGISソフトウェアは面白かった

  • 特にQGISを使ったコースが好きでした

  • オープンソースソフトウェアを使うのに良い選択

  • QGISをナビゲートするのに役立つビデオは素晴らしかった

  • QGISの実践的な活動と指導

  • QGISを通してプログラムを実際に使ってみる

  • QGISはGISソフトウェアを使った経験を積むのに最高でした

  • QGISトレーニングビデオは、GISパッケージの基本を学ぶのに役立ちました

  • 講義はプログラムの使い方を正確に説明することでQGISに役立ちました

  • QGISの使用は、このコースで提供された理論を分解して理解するのに役立ちました

  • QGIS演習はうまく設計されており、GISを使用するプロセスを通して生徒を一歩ずつ導きます

学生達がQGISを使用することで実質的に利益を得たことは明らかです。QGISによりコースに参加している各学生に対して、どこにいるか、どのように教材にアクセスするかにかかわらず、同じ学習機会が提供されました。

結論

結論として、オンライン学習環境で教育機関でGISコースを教える際にQGISソフトウェアを使用することは、学生と大学の両方に大きな利益をもたらします。しかし、学習と教育にQGISをうまく使用するには、2つの重要な側面があります。第一に、地域の環境に適したカスタマイズされた実践的な学習リソースを開発する必要があり、第二に、評価手順はソフトウェアの使用を必要とするべきです。

著者

Badri Basnet博士(basnetb@usq.edu.au)は、サザンクイーンズランド大学(USQ)の上級講師で、地理情報システム(GIS)およびその他の関連コースを教えています。オーストラリア内外の高等教育機関で広範な教育経験を積んでいます。オンライン(または遠隔)教育環境におけるGISコースの学習および教育の奨学金に深く関わっています。博士の学習および教育研究の焦点は、GIS教育におけるオープンな教育リソースの開発と使用にあります。

Ernest Dunwoody博士(edunwoody1@gmail.com)は、GISおよびリモートセンシング画像解析アプリケーションを専門としています。これには、生態系分析、自然地域の持続可能な開発計画、土壌マッピング、そして精密農業への応用があります。博士はQGISを通して利用可能な広範囲の組込み関数、プラグイン、そして処理ツールがそれに処理における比類のない柔軟性を与えることを発見しました。このようなことに精通していることで、オーストラリアの空間データセットに基づいた指導的なQGISビデオを開発できます。