アフガニスタンでQGISを使用するデンマークの地雷除去グループ

デンマーク地雷除去グループ(DDG)、デンマーク難民評議会の専門地雷対策ユニットは、人道的地雷除去、不発弾(UXO)処分と地雷回避教育を進め、1999年以来、アフガニスタンで活動しています。DDGアフガニスタンは、命を救うリスク教育を通じて安全性の感覚を強化し、アフガニスタンの開発の可能性を実現するために支援し、資源の生産的な利用への障害を取り除くのに役立つ人道的な地雷対策を実現します。DDGはアフガニスタンでの操業開始以来、24,000以上の地雷や94万以上の不発弾片を除去しています。現在、DDGは北部地方のバルフとサマンガーン、中央地方のカブール、パルヴァーン、パンジシールで活動しています。

アフガニスタンでは、地雷除去活動はアフガニスタン地雷対策調整センター(MACCA)を通して調整されています。この団体では既知の危険(地雷原、戦場、「スポット」UXOタスク)の地理空間情報を収集、発信し、除去が進むにつれてこの情報を更新しています。これらの「ハザードポリゴン」の新しいシェープファイルは定期的にMACCAによって発行され、これらは地雷除去団体が活動領域における地雷除去の状況を評価するために使用できます。DDGでは、過去に使用してきた高価な商用ソフトウェアを置き換えるために、組織内でのQGISの使用を試しています。

Digital elevation models allow DDG to get an idea of the location of a minefield.

数値標高モデルは、DDGが地雷原の場所に関して当たりを付けることに役立っています。

地理空間データの使用は計画や調査段階で最も有用です。アフガニスタンでは、セキュリティ上の問題や険しい地形が知られているサイトの物理的な再調査は必ずしも容易ではないことを意味します。代わりに、データの混合物---衛星や航空写真の下敷き、デジタル化されたソ連時代の地形図、ハザードシェープファイルと数値標高モデル--- を使用することで、DDGでは、測量チームを送りこむ前に、地形と周辺の自然および物理的地物との関係で地雷原の場所のアイデアを得ることができます。QGISのプラグインは3Dで地形を可視化する機能など、便利な機能を追加します。上記添付のスクリーンショットは、プラグインQgis2threejsを用いて作製したものですが、カブールのダルラマン宮殿のすぐ南の領域を示していて、SRTMデータと組み合わせたソビエト地形ラスターレイヤー上にアクティブ地雷原が(左の稜線に沿って)赤色で表示されています。すでに除去された地雷原は明緑色で表示。

Active hazardous areas shown in red. Hazardous areas already cleared show as light green.

未除去の危険区域は赤で示されており、すでに除去された危険区域は明るい緑色で示されています。

カブール大学のキャンパスは危険が疑われる区域で汚染されています---静止空気投下爆弾または類似した兵器で構成すると考えられる。これらの危険は直ちに学生や職員への脅威とはなりませんが、アフガニスタンの将来の発展に不可欠な教育機関内での将来の構築を可能にするために、最終的には除去が必要になります。危険がカブール首都圏の最後の重要な残りの危険な領域のうちとしても注目されます。ポリゴンはキャンパスの北西部分で明らかなように、建物の形状と一致していないところUSGSが提供する高精度の航空写真と以前の調査からハザードポリゴンを組み合わせることQGISを使用することにより、矛盾が例えば---注意することができます---これは最初のより正確な再調査を実施する場所に調査チームを指揮することができます。

またQGISは、携帯式のGarmin GPSを使った野外活動にて収集されたデータと同期し、発見・破壊された地雷の場所で除去地図を作ることを可能にします。

QGISの使用は、データ分析における新たな関心とともに、利用可能なデータを見て、より良いターゲット地雷除去活動に他のデータソースとそれを組み合わせる新しい方法に拍車をかけています。それはまた、組織内の改善されたマッピング機能を駆動する、より良い国際ドナーにその作業の影響を伝達する能力です。技術的な問題は、多くの場合、オンラインフォーラムを参照することによって解決することができるよう「正式な」GISのトレーニングを取得することは困難である世界の一部では、QGISのユーザーコミュニティの協調的な性質が大きく、高く評価されます。要するに、QGISは地雷や不発弾をアフガニスタンからなくすための取り組みの中で役目を果たしています。

制作者

Edward Crowther

エドワード・クラウザー

エドワード・クラウザーはデンマーク地雷除去グループ・アフガニスタンの副カントリーディレクターです。アフガニスタンでDDGに入社する前、エドワードは人道的地雷除去機関アンゴラやスリランカでHALOトラストと働きました。彼は東洋アフリカ研究のロンドンの学校の大学から開発研究の修士課程を保持しています。