バグ、機能と既知問題

QGISは主にボランティア駆動のプロジェクトで、開発者は、文書作成、翻訳者や支持者の専門チームの仕事です。バグなしQGISを解放するために、チームの努力にもかかわらず、いくつかのバグが残っている可能性があります。バグを見つけたり、新しい機能を追加したい場合は、それを報告してください!

QGISプロジェクトの各部分は、問題(機能要求やバグ)が、報告された管理と議論することができる専用の場所があります。関連する問題を見つけることができます:

:ref: `QGIS-mailinglists`質問については、お問い合わせください。

QGISのアプリケーション上の問題を報告

QGIS applications (QGIS Desktop, QGIS Browser and QGIS Server) issues are available in Redmine. In order to submit or comment a report, you need an OSGeo account and login. To get started, first Create an OSGeo account. It may require some time to have your account approved.

注釈

`OSGEOユーザーID]ページで、<http://www.osgeo.org/osgeo_userid> ` _あなたは私たちが使用OSGEO IDに関するより多くの情報を見つけることができます。`パスワードを変更するたとえば、<https://www.osgeo.org/cgi-bin/auth/ldap_edit_user.py> ` _または電子メールアドレス、またはあなたの失われたパスワードをリセットします。

問題を報告する前に

問題を提出する前に、複製を作成していないことを確認するために、現在開いている問題を確認。この問題に関する追加情報を持っている場合は、既存のチケットにそれを追加できます。サードパーティ製のプラグインにも問題が発生する可能性があります。いずれかをインストールしている場合は、問題がまだそれらなしで再現可能であることを確認する必要があります。単一バグレポートに関係のない複数のバグを報告しないでください。

レポートを作成する手順

アカウントが検証され、ログインすると、 新しいIssue]タブには、メニューバーに利用可能です。それを選択します。

チケットを開くときに必要な重要な情報:

  • バグ、機能(新機能のリクエスト): - **トラッカー**チケットドロップダウンリストからタイプを選択してください
  • 件名 - 問題の簡単な説明
  • Description - Provide a full description of the problem including steps to repeat it; if you think the bug could be related to a certain platform version or dependencies package version (GDAL, OGR, GEOS etc) include that as well. If your QGIS crashes it might be useful to include a backtrace (see below). A very important thing when reporting a bug is to boil down a minimum example that is needed to reproduce the bug. The chances of a bug being addressed in a timely manner is directly related to the speed with which the developer can reproduce the bug. If you make that hard for the developer, chances are the bug will be given up on or ignored for quite a while.
  • 優先 - 問題の重大度の推定値を提供します。
    • :QGISの有用性には影響しない問題、
    • 通常:デフォルト値は、ほとんどのバグとほぼすべての機能要求に適用されます、
    • High: a bug which has a major effect on the usability of a package or a bug that makes QGIS totally unusable. In the form you will find also yes/no fields to allow you detail of the issue is causing a crash or data corruption or if it is a regression (a regression is an issue about a functionality that used to work as expected and then stopped to work in more recent QGIS release)
  • カテゴリー - 最も密接に問題に関連付けられているアプリケーションの様相を選択してください
  • Affected QGIS Version - Version of QGIS this issue affects
  • Operating System - The Operating System(s) you are using (and also their version), i.e: Windows 7, macOS 10.12.4, Ubuntu 16.04

レポートを送信する前に、「プレビュー」をクリックして、レポートの書式設定を確認してください。タイプミスのためでない場合は、既存のレポートの編集は避けてください。ベターその他の場合には、さらに、コメントを追加します。

バックトレースを作成します

クラッシュを持っている場合は、バグとしてバックトレースを含めることが有益であるかもしれない別のマシン上で再現できないかもしれません。

LinuxではQGIS上で自動的にバックトレースを生成するためにクラッシュしたプロセスに接続するために `` gdb``を使用しようとします。しかし、いくつかのディストリビューションには、実行中のプロセスにデバッガを接続する可能性について無効にします。その場合には `` gdb``だけのようなかなり役に立たないメッセージを生成します:

QGIS died on signal 11Could not attach to process.
If your uid matches the uid of the target process,
check the setting of /proc/sys/kernel/yama/ptrace_scope, or try
again as the root user.
For more details, see /etc/sysctl.d/10-ptrace.conf
ptrace: Operation not permitted.
No thread selected
No stack.
gdb returned 0
Aborted (core dumped)

その場合、あなたは ``に/ etc / sysctl.d / 10-ptrace.conf``(または ``は/ etc / sysctl.conf``に0に `` kernel.yama.ptrace_scope``を設定することで、そのオプションを再度有効にする必要がありまたは ``は/ etc / sysctl.d / ``)と実行 `` rootとしてのsysctl -p``でいくつかの他のファイル。あなたはその後クラッシュを再現すると、バックトレースが代わりに印刷されます。

クラッシュを再現できない場合は、まだプロセスがすでに終了した後に分析することができ、現在のディレクトリにコア・ダンプがあるはずです。それは、(一部のシステムでは、ドットとプロセスIDがファイル名に追加される) `` core``と呼ばれています。

いくつかのディストリビューションでコアダンプの作成も無効になっています。クラッシュが発生したときにあなただけの `` の代わりに 中止(コアダンプ)の Aborted``を取得した場合には。その後、QGISを起動する前にunlimited`` ``のulimit -cを実行する必要があります。また、あなたの `` .profile``で、それは常に有効になっていますように、あなたがログインしたときにすることを含めることができます。

コアファイルからバックトレースを生成 GDB /パス/ TO / / QGIS /バイナリcore``を開始します。バイナリは、通常、 ``は/ usr / binに/ qgis``またはインストールGRASSプラグインでのDebianの ``は/ usr / binに/ qgis.bin``です。あなたが実行しgdb` `` bt``バックトレースを生成しますました。

Windows上での出力をログに記録します

OSGeo4W_でのナイトリービルドは、(パッケージはQGIS-devのを)あなたはDebugView_で見ることができ、デバッグ出力で構築されています。問題は、出力を再現することは容易ではない場合QGISがクラッシュした場所についてのいくつかの光を当てることがあります。

プラグインのバグ

Most of the plugins in QGIS are published in the official QGIS Plugins repository. Bugs or feature requests relative to them must be opened in their respective bug tracking system. For any plugin available in QGIS repository, you’ll find in its metadata a link to its bug tracker. Otherwise, consult the plugin documentation to find the address of the relevant bug tracking system or a developer to contact.

If no information is available, please report it to the Developer mailing-list.

For other plugins, we have no means to ensure such information are provided.

QGISウェブサイトやマニュアルの問題点を報告

QGISプロジェクトアクティブ`のウェブサイトを提供して<http://qgis.org> ` _と豊か`ドキュメント<http://qgis.org/en/docs/index.html> ` _。私たちの努力にもかかわらず、あなたは日付情報のうち、間違っていたり、不明瞭な文を見つけたり、貴重な情報を逃した場合、それを報告すること自由に感じなさい。

バグを報告したり、パッチを提出するために、あなたはGitHubのアカウントとログインが必要ですので、これらの文書の主なソースはGitHubのリポジトリでホストされ、管理されています。

開始するには、まず、 `GitHubのアカウントを作成し、<https://github.com/join> ` _。

その後、適切なリポジトリを選択します。

報告したい問題がすでに入力されていないか確認してください。

**新規発行をクリックしてタイトルとあなたの問題について明確な説明を入力します。

設定が完了したら、新しい問題を提出 をクリックしてください。

注釈

`` me``リンクを修正し、あなたが直接このページを改善し、プルリクエストを送信するために役立つウェブサイトの任意のページの下部に設けられています。

このオプションは、ドキュメントのフッターにも使用可能です。

パッチを提出

問題の報告に加えて、あなたは問題を解決するのに役立ちます。問題を修正することはプル要求を通じてGitHubの中で行われます。あなたは`リポジトリをフォークする必要があります<https://help.github.com/articles/working-with-forks/> ` _あなたはに貢献し、でプル要求を提出するとします。

:ref: submit_patch`あなたは簡単にあなたのパッチを入手し、でQGISプロジェクトにリクエストを引くのに役立ちますいくつかのガイドラインを見つけることができます。そして、もっと広く、あなたは読む必要がありは:ref: `git_access